インカレ直前特集2018(2)トラック班1、2年生インタビュー チームパーシュート編

 チーム一丸となり雪辱を果たす。トラックで総合5位に付けたものの、ロードの不調により悔しい総合6位で幕を閉じた昨年度のインカレから早くも1年。再び勝負の時がやって来た。「個性豊かなメンバーが揃っている」(隈園郷史主将・政経4=明大中野)という今年度の自転車部。個々の強みをチームの武器にして、今年こそ悲願を達成してみせる。 第一回はトラック班の1年生と2年生、7選手に大会へ向けての意気込みを語ってもらいました。(取材は8月6日に行ったものです。)  ☆梅本泰生(法2=石田)☆出場予定種目:マディソン、チームパーシュート、ロードレース――インカレ向けて今の心境をお聞かせください 一昨日までの合宿はテスト明けにも関わらず、調子が悪くなくいい感じできていると思うので、しっかりあと2週間頑張りたいです。――緊張はしていますか 3種目どれも不安がなくて、もしかしたらいけるのではないかという自信が心の底からみなぎってくる感じがしていて、楽しんでインカレでは走りたいなと思っています。――昨年度のインカレを振り返っていかがですか 昨年度のインカレは当日になってチームスプリントの調子を狂わしてしまって、練習以上の成果を出すことができずに7位という結果で終わってしまったので、昨年度の悔しい思いを晴らせるようにしっかり走りたいと思います。――意気込みをお願いします トラック種目は表彰台を狙って全力を尽くすことが目標で、ロードレースは大学に入ってから経験がなく全く未知数なので、自分が入賞できなくてもチームが楽に最後まで走れるようにサポートできるように頑張りたいと思っています。  ☆渡邉慶太(政経2=浦和工)☆出場予定種目:オムニアム、チームパーシュート、ロードレース ――インカレに向けて今の心境を教えてくださいシーズン初めに体調を崩してしまって1カ月近く練習できていない時期があったので昨年度よりも不安があります。 ――去年のインカレを振り返っていかがですか昨年度も調子は悪かったですけれど、昨年度はここまでモチベーションを落としておらず、それ以上に今年度は気持ちが落ち込んでいることが不安です。――上半期での収穫はありましたか 今年度が始まってからは調子が良いと思っていましたけれど、ゴールデンウィークあたりから体調が優れなくなってしまって、それをいかに戻していくかということが課題になってしまって、あまり上半期での収穫はないです。 ――練習自体は積めていますか練習は問題なく積めていますけれど、その中でも周りの仕上がり具合を感じるので、本番までに周りとの差を埋めていきたいと思います。――インカレでの目標と意気込みをお願いします 表彰台というのが一番の大きな目標ですけど今の気持ち的には厳しいのではないかと思ってしまう部分があるので、最低限8位以内に入って明大の学校対抗総合に貢献したいと思います。  ☆青木拓穂(営1=高崎工)☆出場予定種目:個人パーシュート、チームパーシュート、ロードレース ――自転車を始めたきっかけを教えてください高校に偶然自転車部があって、高校に入る前からロードバイクに乗りたいと思っていたので自転車競技を始めました。――寮生活には慣れましたか 部屋の掃除などは家だと母親がやってくれていたので、自分でやらないといけないことが大変です。食事もお金を使えない中である程度しっかり食べないといけないので大変です。 ――インカレでの目標と意気込みをお願いします団体追い抜きでは15秒切って入賞。個人追い抜きも40秒切れるくらいのタイムを出したいと思います。ロードレースは長距離の練習をほとんどしてないのであまり力になれないですけれど、野本さんがエースなので少しでもエースが有利に動けるようにできればと思います。  ☆小林右京(政経1=日出総合)☆出場予定種目:チームパーシュート、ロードレース――インカレに向けて今の心境を教えてください 自分はまだ出場できるかわからないですけれど、周りの雰囲気に溶け込めるように練習をやっています。――大学と高校の違いは感じますか競技の部分でも全然レベルが違いますし、スピード感が全然違います。――インカレの目標と意気込みをお願いします 団体のメンバーに入って入賞できるように、足を引っ張らないように頑張っていきたいと思います。  ――4選手とも、ありがとうございました! ◆文部科学大臣杯 第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会◆ 日程:トラック:8月17日~19日   ロード:9月2日会場:トラック:静岡県伊豆大野 日本サイクルスポーツセンター 伊豆ベロドローム(250m)   ロード:長野県大町市美麻地区 公道周回コース 1周 13.4km [自転車部担当一同]
READ MORE

上級生の活躍光るも僅差で団体戦ベスト4逃す/全日本大学選抜十和田大会

 夏合宿の成果を発揮した。団体戦予選は拓大、東農大の2校の強豪に勝利し、2大会連続の優秀8校入りを決める。決勝トーナメントでは九州情報大にあと1勝まで迫る健闘を見せ、出場者の主力が欠ける中でも収穫の多い大会となった。◆8・14 第53回全日本大学選抜十和田大会(十和田市相撲場)▼団体戦明大――ベスト8・予選1回戦○明 大 3-2 拓 大・予選2回戦 明 大 1-4 日 大○・予選3回戦○明 大 3-2 東農大※この結果、決勝トーナメントに進出・決勝トーナメント1回戦 明 大 2-3 九州情報大○▼個人戦東、佐藤――3回戦敗退北川、藤原――2回戦敗退宇都宮、篠田――1回戦敗退 持てる力を出し切った。予選1回戦の相手は今年6月の東日本インカレ準優勝の拓大。「3、4年生が力を付けてきているのは大きい」(守重佳昭監督)と二陣・藤原竜平(政経3=埼玉栄)、中堅・東龍輝(政経3=文徳)、副将・北川貴之(商4=明徳義塾)が実力者に次々と勝利。「上級生が頑張らないといけない」(東)と、3-2で逃げ切り、責任感の強さが勝利をもたらした。3人は続く予選3回戦の東農大戦でも3勝の活躍。「中の3枚で星を取れたのは成長を見れた」(守重監督)。6位で決勝トーナメント進出を決めた。 あと一押し足りなかった。決勝トーナメント1回戦は九州情報大と対戦。2-1で177センチの副将・北川は、192センチの相手にがっぷり組む。引きつけて土俵際まで寄るも、相手の規格外のパワーでうっちゃりを決められ2-2としてしまった。続く大将・篠田一憲(政経2=金沢学院)は動き回りきれず押し出され敗戦が決定。「負けてるイメージがなかったので勝ちたかった」(小川清彦総監督)。久々の準決勝進出へのチャンスを逃し、悔しさをにじませた。 「前へ」着実に進んでいる。東は団体戦全勝。メンバー入りした2年生も「だいぶ相撲になっている」(守重監督)。ケガをした選手が復帰すれば選手の厚みが増し、チームの活性化に期待できる。インカレ出場を懸けた熾烈(しれつ)な争いが始まる。[髙橋昇吾]試合後のコメント守重監督――今日の振り返りをお願いします。 「3、4年生が力を付けてきているのは大きくて、だいぶ自分の力を土俵の上で出してどう勝つかということがわかって来たのかなと思います」――九州情報大戦ではあと一歩でした。 「ここ最近勝っている相手に、川村は体重別でケガしてでられなくて、その中でこの結果なので、九州情報大には春には勝ってたけど、そこの1枚の差で負けたっていうしょうがないことです。2年生もこの試合で相撲が取れるようになってきて成長が見えてきたので、これからチームも面白くなるんじゃないかなと思います」東――決勝トーナメントに進出できた要因は何でしょうか。 「上級生が気を引き締めて相撲を取ったからだと思います。2人抜けているので、残っている上級生が頑張らないといけないです」藤原――拓大戦では藤原選手が流れを作りました。 「いつも先鋒(せんぽう)で、チームの流れを持っていこうと思って入ってたんですけど、今回二陣だったので、とりあえず1点取るという気持ちで行けば勝てたのでよかったです」
READ MORE

インカレ直前特集2018(1)トラック班1、2年生インタビュー チームスプリント編

 チーム一丸となり雪辱を果たす。トラックで総合5位に付けたものの、ロードの不調により悔しい総合6位で幕を閉じた昨年度のインカレから早くも1年。再び勝負の時がやって来た。「個性豊かなメンバーが揃っている」(隈園郷史主将・政経4=明大中野)という今年度の自転車部。個々の強みをチームの武器にして、今年こそ悲願を達成してみせる。 第一回はトラック班の1年生と2年生、7選手に大会へ向けての意気込みを語ってもらいました。(取材は8月6日に行ったものです。) ☆荒川仁(政経2=千葉経大付)☆出場予定種目:スプリント、1キロメートルタイムトライアル、チームスプリント ――インカレに向けて今の心境を教えてください 焦りはなく、普段通りの練習ができているので、インカレでは良い走りができそうです――スプリントへの思いはありますか今シーズンは予選を1位で勝ち上がることはできていますけれど、まだ(決勝で)勝ち切れていないので、頑張りたいです。――全日本学生選手権トラックのスプリント予選では9秒台を出しましたが 今回は伊豆ベロドロームという会場ですけれど、あまり走り慣れていないので、9秒台を出すことは難しいと思いますけど、1番のタイムを出して予選を通過して、勝ちたいと思います。 ――理想のレースプランはありますかあまり事前に考えないで走るタイプなので、状況に応じて臨機応変にやっていきたいと思います。――最後に意気込みをお願いします全出場種目で勝ちたいと思うので、応援お願いします。 ☆甲斐俊祐(営2=別府商)☆出場予定種目:タンデムスプリント、ケイリン、チームスプリント ――現在のコンディションはいかがですか練習中に転倒してしまって、腕をケガしました。ケガの前に熱中症になってしまって3日間くらい39度の熱が続いていたので、今のコンディションは最悪です。1週間くらい自転車に乗れていないです。明日から合宿で状態を上げていきたいです。――インカレに向けて今の心境をお聞かせください身も心もボロボロです。落ちるところまで落ちたので後は状態を上がるだけです。 ――先日の大会で好成績を残されましたがあれから悪いことしか続いてないのでお祓(はら)いに行こうと思っています。厄(やく)は全て受けたので、インカレで結果を残せると思っています。――上半期を振り返っていかがですか全日本学生選手権トラックは90点くらいです。大会が終わってからは10点くらいです。まだあと半年残っているのであとは点数を上げられればいいです。 ――インカレでの目標と意気込みをお願いします 状態が上がってくれば戦えると思います。優勝というような大きいことは言わずに、大学に貢献したいです。 ☆塩島嵩一朗(法1=南大隅)☆ 出場予定種目:チームスプリント ――自転車を始めたきっかけを教えてください釣りが趣味で釣りへ行くために自転車を使っていて、競技用の自転車は早くていいなと思っていて、高校から自転車競技を始めました。――明大に進学した理由は何ですか普通の大学に推薦で進学すると体育学部にしか行けないのですが、明大はいろいろな一般生と同じ学部に行けて将来自分のためになることを学べると思ったので明大に進学しました。――高校と違う部分はどこですか競技自体のレベルが一気に上がっていて、ギアの制限がなくなったので高校とは競技のレベルが大きく違うと感じています。 ――意気込みをお願いしますケイリンは補欠ですけれど、チャンスがあれば強い人の走りを見て、盗めるところがあれば盗みたいと思います。  ――3選手とも、ありがとうございました! ◆文部科学大臣杯 第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会◆ 日程:トラック:8月17日~19日   ロード:9月2日会場:トラック:静岡県伊豆大野 日本サイクルスポーツセンター 伊豆ベロドローム(250m)   ロード:長野県大町市美麻地区 公道周回コース 1周 13.4km[自転車部担当一同]
READ MORE

Bチーム ディフェンスで後手に回り帝京大に惜敗/練習試合

Bチームは今季初黒星を喫した。試合序盤から2トライを献上するも、すかさず連続トライを決め12―14で前半を折り返す。後半6分に一時は逆転するも、帝京大の素早い攻撃展開に対応できず19―28でノーサイド。Aチームに続く連勝とはならなかった。◆8・14 練習試合(サニアパーク菅平)▼Bチーム 明治19{12―14、7―14}28帝京大B○ ディフェンスで後塵を拝した。前半は2トライを連取されるも、BKを起点にしたプレーで取り返し12―14で折り返す。後半に入るとエリア合戦で優位に立つ。後半6分、敵陣10メートルでのラインアウトからフェーズを重ねると、右ロック舟橋諒将(文4=札幌山の手)がボールを持ち出しインサイドブレイク。ディフェンスを3人交わしてそのまま約30メートルを力走し逆転に成功した。しかし、反撃はここまで。帝京大のワイドを使った攻撃に対応できず「前半に比べてアグレッシブなプレーができなくなってしまった」(ゲームキャプテン・スタンドオフ忽那鐘太・文4=石見智翠館)。相手の勢いに対して受け身に回ってしまい最終結果19―28で悔しい敗北となった。試合後、田中澄憲監督は「内容は悪くないが、メンバー交代した後に静かになっていた」と克服すべき課題を指摘。また「BチームがAチームで戦えるレベルにする」(田中監督)と目標は明確だ。合宿初戦を白星で飾れなかったが、立ち止まっている暇はない。下級生を多く含むBチームの選手の活躍は、チーム全体の刺激になる。グラウンドでの意思決定を明確にし、チーム一丸となって夏の連戦に立ち向かいさらなる向上を目指す。[高智琉大朗]試合後のコメント忽那――本日の試合の振り返りをお願いします。「今日のチームの目標はゲインラインを1メートルでも切っていく、帝京大よりも前進することでした。前半は全員がそれを意識し、アグレッシブにプレーできたと思います。しかし後半になるにつれてそれが薄れてきて、どんどん個人のプレーになってしまいました」スクラムハーフ飯沼蓮(営1=日川)――今日のゲームメイクについて教えてください。「自分の課題であるディフェンスのオーガナイズとアタックのコントロールを意識してやりました。キックは失敗もありましたが、チャレンジできたという点でポジティブに捉えています」左ウイング山﨑洋之(法3=筑紫)――後半のディフェンスについて教えてください。「1対1で勝ち切れませんでした。サポートが外からくることで、大外のディフェンスが足りなくなってしまいました。まだ対人での詰めが甘いと思うので、もっと突き詰めていきたいです」
READ MORE

終了間際のFW戦で圧倒 帝京大に2連勝を挙げる/練習試合

 帝京大に劇的勝利で夏合宿初戦を白星で飾った。前半は相手の積極的に前に出るディフェンスに苦しみ、持ち味のアタックを発揮できず7―19で折り返す。しかし後半に入るとFW陣のセットプレーから勢いに乗る。そして終盤にゴール前のフィジカルバトルで優位に立ち、最終スコア21―19で逆転勝利。4月の春季大会に続き帝京大相手に今季2連勝を挙げた。   ◆8・14 練習試合(サニアパーク菅平) ▼対帝京大戦  ○明治21{7―19、14―0}19帝京大    FW陣の奮戦で逆転勝利を手繰り寄せた。前半は「得意のアタックの時間が短くなってしまった」(ナンバーエイト坂和樹・政経3=明大中野八王子)。大型FWと快速BKが一体となった帝京大の攻撃に苦しめられ、前半35分で0―19と大きくリードを許す。しかし「昨年の夏の試合のように、そのまま引き離されなかった」(田中澄憲監督)。前半終了間際に松岡賢太(商3=京都成章)がモールを起点としたトライを決め7―19で折り返すと、その後は持ち前のマインドセットと高い修正力を発揮する。14―19で迎えた後半38分、ゴール前でFW陣が15フェーズ以上の連続攻撃を重ね、安昌豪(営3=大阪朝鮮)がゴール中央にグラウンディング。「1メートルでも前に出ることを意識した」(安)と、FW勝負にこだわり抜いたプライドが逆転劇を生み出した。最終結果21―19で絶対王者に価値ある連勝を挙げ、秋へ向け絶対的な自信を付けた。   この勢いを次につなげる。夏合宿では天理大戦、東海大戦など外国人を擁するチームとの戦いが続く。今試合では接点でのディフェンスやラインアウトの精度の課題が露呈した。その一方で、FWのコンタクトプレーで収穫を得ることができた。「チームとして大きく成長すること」(スクラムハーフ福田健太主将・法4=茗溪学園)をテーマに掲げた今年。レベルアップに十分な環境で強敵との試合を乗り越え、秋シーズンの戦いへ挑む。   [清水康佑]   試合後のコメント 福田健主将 ――試合を振り返っていかがでしたか。 「帝京大も今日の試合に向けて力を入れてきたと思いますが、明治も成長したところを見せられてよかったです。今日はディシプリンの点が良くなかったので、次は試合の入りとそこを意識していきたいです」   坂 ――7月のトップリーグとの試合から学んだことはありましたか。  「ラックサイドのディフェンスのプレッシャーが弱いと指摘されました。今日の試合でそこを生かすことができてよかったです」   安 ――自身のトライシーンの振り返りをお願いします。  「FWが1メートルでも前に出ることを意識しました。ゴール前でそれを意識して、少しずつ前進できました。FW全員で取ったトライだと思っています」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内