男女ともにベスト8 全関東のリベンジ果たせず/全国大学選抜

 悔しさの残った全関東から1週間の調整で迎えた今大会。男子は準々決勝2度にわたる同中競射の末、大東大に敗北。女子は、因縁の日大から勝利を奪うも、愛媛大に敗れ、ベスト8に終わった。◆6・23~24 第30回全国大学選抜大会(明治神宮至誠館弓道場)▼男子団体 明大――ベスト8▼女子団体 明大――ベスト8[男子] 死闘を演じるも、勝利には一歩届かなかった。北大に勝利し、迎えた準々決勝。勝てば表彰台が見えてくる大東大戦は、お互いに16中となり、同中競射に持ち込まれる展開となった。1本目は、両校全員的中させ、勝負は2本目の同中競射へ。「正直プレッシャーというか圧というものは感じた」(川久保虹弥・政経3=鹿沼東)という2本目は、5射のうち2中に終わり、惜しくも敗北を喫した。 「今は技術的に緊張に耐えられていないと感じた」(田之頭朋昌主将・農4=成田)と課題は明確だ。今大会の課題を修正し、インカレに備える。[女子]  次につながる敗北だ。決勝トーナメント1回戦の相手は強豪・日大。昨年、全関東学生選手権、同大会ともに敗北を喫した相手だ。「対戦するということが決まった時からすごく緊張していた」(白川史織・営4=美原)と語ったが、3人とも落ち着いて、的を射抜き続け、12射11中で同中競射に突入する。同中競射も3人全員的中させ、昨年度覇者を撃破した。 続く愛媛大戦では、惜しくも1本差で敗れたが「チーム全体としては実りある大会になった」(佐久間香名・政経4=水戸桜ノ牧)と前向きに捉えている。「チームでしっかりと支えていくのが女子部の強み」(白川)。今大会で得た悔しさ、そしてより強く深めたチームの絆を胸に大きな飛躍を目指す。 次戦は8月に行われるインカレだ。全関東、選抜を通して良い感触を得られたが、結果に結び付けることはできなかった。技術的にも精神的にも、もう一歩成長した姿で、最高の結果を勝ち取りたい。[上松凜助]試合後のコメント佐久間――今大会を振り返っていかがでしたか。 「負けてしまってはいるんですけど、チーム全体としては実りある大会になったのかなと思います。内容としては、とても良い内容だったと思います」白川――今大会を振り返っていかがでしたか。 「今日の団体戦は、一週間前の全関東から見ると、自分の中では成長できたのかなと思います。去年の全関東も選抜も負けている日大に勝ててしっかりと挽回できたのは良かったと思います。チームでしっかりと支えていくのが女子チームの強みだと思っているので、今日は勝つことは出来なかったのですが、支え合うことが出来て良かったと思います」元川――インカレへの意気込みをお願いします。  「今は技術的に緊張に耐えられていないと感じたので、練習から緊張を作って、そこの場面で自分がどうなるか把握した上で、そこに対処する練習をこれからやっていかなければならないと思います」川久保――インカレへの意気込みをお願いします。 「技術的にもう一歩進歩することと弱気にならないようにしていきます」
READ MORE

まさかの3種目総合3位もルーキーの活躍が光る/関東学生三大大会

 4日間に渡って開催される今大会。初日の障害飛越を団体3位でスタートする。しかし、馬場でまさかの5位と失速。総合でも思うような結果が得られず、3種目総合を3位で終えた。◆6・20~24 関東学生三大大会(山梨県馬術競技場)▼第53回関東学生賞典障害飛越大会▽個人 12位 石井〈明鳳〉 16位 濱中〈パトリシアM〉 ※西郷〈プライムローズM〉、榮〈明輝〉、高橋〈アクレイラスM〉は失権▽団体 3位 明大 ▼第53回関東学生賞典馬場大会▽個人 15位 濱中〈明王〉 16位 安田〈明紫〉 27位 西郷〈明桑〉 31位 高橋〈パトリシアM〉▽団体 5位 明大 ▼第69回関東学生賞典総合大会▽個人 2位 高橋〈明鳳〉  12位 榮〈パトリシアM〉 17位 安田〈明輝〉 ※濱中〈プライムローズM〉、石井〈ルークM〉は失権▽団体 4位 明大 ▼3種目総合 3位 明大 期待の新星だ。高橋義明(政経1=京産大付)は、2連覇中の名馬・明鳳に乗って総合大会に出場。「自分の練習不足」(高橋)と明鳳の得意とする馬場で2位になってしまう。それでも翌日のクロスカントリーは落馬での失権者が相次ぐ中、安定した走りで減点0。続く障害飛越でも一つの障害も落とさず。3位との差わずか0.2点を守り切り、個人で2位入賞を果たした。 課題がはっきりと見えた。昨年度は3種目総合で団体2位。試合後監督、主将が口にしたのは〝想定外〟の一言だった。障害飛越、馬場馬術では1人も入賞せず。総合馬術でも2人の失権者を出し、昨年に比べ順位を落とす。「日々の練習でストイックになっておけば、このような結果にはならなかった」(濱中健人主将・営4=札幌龍谷学園)。選手の意識改革の必要性を痛感した。 古豪復活のカギは下級生たちが握っている。上級生の少ない明大にとって下級生のレベルアップが勝利への絶対条件だ。「課題を見つけたと思うので、練習に生かしていってほしい」(佐藤五志監督)。全日本学生三大大会でのリベンジに向け、新たな気持ちで駆け抜ける。[福田夏希]試合後のコメント 佐藤監督――今大会の総括をお願いします。 「昨年と大体変わらない馬でしたが、4年生が抜けて新しい体制になって、想定していたよりも芳(かんば)しくない成績でした。選手にはもう少し頑張ってほしいです」 ――11月の全日本学生に向けて一言お願いします。 「次につながるような成績や、学べることを期待して全日本に臨みたいと思います」高橋――明鳳に乗る上でプレッシャーはありましたか。 「馬場は他の大学からもやはり昨年勝っている馬として見られているので、そういうところで下手な演技はできないというのは心のどこかで思っていました」 ――今年1年間の目標をお願いします。 「全学は1位を取れるように、馬場で得点を出せる選手にならないといけないと思っています。出してもらえるかは分からないですが、出た種目は全部関学よりも良い結果が出せるように頑張りたいです」
READ MORE

成蹊大の猛追を振り切り1部残留決める/関東学生1部リーグ

 リーグ戦最後の大一番を勝利で飾った。入替戦の相手は、2部リーグ2位の成蹊大。5点リードで迎えた第4ピリオド、相手の速攻に苦しめられるも1点を守りきり試合終了。チームは5年連続1部残留を決めた。◆5・19〜6・24 関東学生1部リーグ戦▼6・24 入替戦 対成蹊大戦(日体大健志台プール) ◯明大11{5―3、3―2、3―1、0―4}10成蹊大 ※この結果1部残留 試合に懸ける思いが勝利を引き寄せた。「ネガティブな気持ちがあった」(明石将裕監督)と、決して相性の良いチームではなかったが、序盤から積極的に試合を進める。第3ピリオド中盤には、パスカットから生まれたチャンスで、熊谷郁(商1=明大中野)からのパスを受けた飯野佑紀(政経2=明大中野)がシュート。徐々に点差を広げていく。しかし11―6で迎えた第4ピリオド、相手のカウンターが決まり4連続失点。苦しい展開になるも、チーム一丸の守りで1点を死守。11―10で勝利を収めた。 新たな強みを確立した。今試合7得点をあげ、活躍が光る増田隆広(商2=明大中野)。それを支えたのは、今リーグ力を入れてきたチームディフェンスだ。「他が縁の下の力持ちになる」(三城光主将・情コミ4=修道)と、エースのアタックをチーム一丸の守りで後押しした。しかしエースの攻撃力に頼りきっているわけではない。全員がゴールを狙う、その姿勢は健在だ。 収穫の多いシーズンとなった。最終的に1部リーグ7位と順位の上では昨年との差はないが、勝ち試合の経験や格上との接戦で得た自信、ルーキーの躍進など、チームは着実に進化を遂げている。「ライバルチームに一泡吹かせるような大会にしたい」(三城)。そう意気込み、チームは9月のインカレに臨む。[仁科せい]試合後のコメント明石監督――1部残留を決めた率直な気持ちをお聞かせください。 「本当にうれしいです。今回勝てたことは彼らの自信にもつながると思いますし、1部でやっていくということが明治の体育会であることの証明でもあると思います。そこで残留を決めることができたので良かったです」三城――1部リーグ全体の振り返りをお願いします。 「1部残留できて本当に良かったと思います。1試合に懸ける思いというのはもリーグ戦を通して成長したのかなと思います。個人的には、僕は4年生なので、もうリーグ戦に参加することはないですが、後輩たちがまた来年も1部で強豪相手に奮闘してくれると思っているので、本当に良かったと思いますし、来年も期待したいなと思います」――今日の試合の振り返りをお願いします。 「内容自体は課題の残る試合だったなと思っています。4ピリオド目の失点、得点無しで何点も取られているっていうのは、まだ勝ち切るために課題が残っているかなと感じました」――インカレに向けての意気込みをお願いします。 「1部チームにライバルチームがたくさんいるので、そのチームに今度は勝って一泡吹かせるような大会にできたらなと思います」
READ MORE

国士大相手に無念の引き分け/春季オープン戦

 春季オープン戦も最終日を迎えた。今試合の相手はBIG8の国士大。快勝が想定されたが、試合は難航。35-35と引き分けで幕を閉じた。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            ◆4・21~6・24 春季オープン戦(アミノバイタルフィールド他)◆6・24 対国士大戦(アミノバイタルフィールド)  明大35{7―7、7―14、21―7、0―7}35国士大  好機をつかみ切れなかった。試合開始から約2分半後、相手のランプレーを防げず先制TD(タッチダウン)を許す。流れを取り戻そうとTB#22加藤貴央(政経4=都立戸山)がTDを決めるが「特にディフェンスがリズムに乗れなかったというのが一番大きかった」(岩崎恭之監督)と14-21で試合前半が終了。続く第3QにおいてもTB#26平野隼輝(商3=明大明治)が開始早々にランプレーからTDを決めるなどオフェンス陣が奮闘するが「完全にディフェンスが相手のオフェンスに対してそれに合った動きができていなかった」(LB#6茂木崇宏主将・政経4=佼成学園)。後半にもTDを二つ許すといったディフェンス陣のミスが大きく目立ち、35-35で試合終了。惜しくも引き分けとなり悔しさがにじむ試合となった。  秋に向けて一層の鍛錬が求められる。「基礎的な部分をどれだけ詰められるか」(岩崎監督)が一つのカギとなる。最終戦となる今試合で勝利こそ得られなかったもののチームの目標は「日本一」(茂木主将)。秋季リーグ戦では頂点を狙う。[素宮愛結] 試合後のコメント岩崎監督――リーグ戦に向けてお願いします。  「春は春、秋は秋なのでもう一回リセットしていきたいです。1年生でもいくらでも出るチャンスはあります。今日いい活躍をしている人もいるし、そういうところが下克上してきてくれれば底上げになるし、それがチーム力としてチームの底上げになるのではないかと思います」茂木主将 ――今回の試合の振り返りをお願いします。  「今日の試合は完全にディフェンスが相手のオフェンスに対してそれに合った動きできていなかったのもそうですし、個人個人の技術のレベルで普通にやられていた。一対一で負けてたっていうところがこういう結果になってしまったところだと思います」――秋リーグへの意気込みをお願いします。 「春季にディフェンスのボールをゲットできないとかタックル力でしたりアジャストできなかったところだとか課題は結構出たのでそこはしっかり修正して秋はディフェンスで試合を作っていきたいです。全体としては日本一という目標があるのでしっかりこの夏、次の東北戦が終わったら早稲田なのでそこに対して全員でフォーカスしながら点を絶対取れるように全員で取り組みたいと思います」
READ MORE

王座閉幕 個人戦では本倉・丸山ペアが4強入り/全日本大学王座決定戦

 4日間に渡る熱い戦いが幕を閉じた。最終日は個人戦が行われ、明大からは5ペアが出場した。本倉健太郎(農2=岡山理大付)・丸山海斗(政経3=上宮)ペアがチーム最高のベスト4に入るなど、3ペアが8強入り。1週間後の東インカレに弾みをつける結果となった。◆6・21~24 全日本大学王座決定戦(穴生ドーム)▼男子団体 本倉・丸山ペア――ベスト4      丸岡・金子ペア、北本・齋藤ペア――ベスト8       中平・米澤ペア――2回戦敗退       立木・根本ペア――1回戦敗退 世界を肌で感じた。今大会から行われることとなった個人戦。初代個人戦王者を目指し、王座に出場した日本、韓国、台湾の大学から総勢59ペアが参加した。シードの本倉・丸山ペアは準々決勝で北本達己(商1=大和高田市立高田商)・齋藤大樹(商2=木更津総合)ペアを下し、準決勝へと駒を進める。準決勝の相手は余凱文・林韋傑ペア(共に臺北市立大)。台湾のナショナルチームにも名を連ねる強豪だ。「慌ててやってしまった」(本倉)とダブルフォワードで積極的に攻めてくる相手のショットに対応できず、いきなり2ゲームを失ってしまう。それでも、相手の陣形にも慣れてくると反撃を開始。本倉のパッシングショットも冴(さ)えはじめ、2―2のタイへと持ち込む。しかし、第5ゲームでカットサーブから相手に有利な展開をつくられると状況は一変。「ラケットが押し負けてコートに入らない」(丸山)と勢いづいた相手の強打になすすべなく、ゲームカウント2―4で敗れた。 視界は良好だ。最高成績はベスト4だったものの1週間後に迫った東インカレに向け、チームは順調に調整を続けている。今大会で得た収穫と課題を確実に修正し、東インカレに臨みたい。 [前田拓磨] 試合後のコメント 丸山――最初2ゲーム取られましたがどのようなことが原因だと思いますか。 「いつもと違う陣形の相手とやって、焦ってしまうところとか大体気持ち的に相手の陣形に対しての切り替えができていなかったと思います」 ――チームとしてダブルフォワードに取り組んでいますが今日の相手のダブルフォワードはいかがでしたか。「 テニスをやり始めた頃からずっとやり続けていると思うので、そういう経験とかもあるし、僕たちがやろうとしていても、あまり教える人がいなかったりして、そこまで完成度が高くできないのでもう少し台北の試合を見て研究しないといけないなと思います」 本倉 ――準決勝を振り返っていかがですか。  「序盤にゲーム2―0とリードされたので、そこで1―1とかにできていたらもう少し違った展開になっていたのかなと思います」 ――ゲームカウント2―2から離された要因はなんでしょうか。 「レシーブゲームだったんですけれども、相手がカットサーブで攻めてきて、それに対処し切れなかったです。レシーブでコースを突いてそこから攻められなかったので、もう少しレシーブで崩せたら良かったです」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内