(1)池田颯太、上林直澄、松田海飛インタビュー/東日本大学選手権事前取材

 6月21日から第37回東日本大学選手権が開幕する。悔しくも6位で終わったものの、ルーキーの活躍など収穫が多かった春季リーグ戦。得意の守備からにリズムをつくり、勝利をつかむ。      (この取材は6月14日に行われたものです) [OP:池田颯太(営2=松本国際)]   ――東日本インカレを直前に控えての心境はいかがですか。「トーナメントのくじもとても良いところを陸川航(政経2=近江)が引いてくれたので、勝たなければいけないと思います。優勝するという目標で練習してきたので、優勝できるように頑張りたいです」  ――東日本では最低でもどこまで行きたいですか。「ベスト8までは確実いかなければいけませんし、そこから筑波大と中大との戦いが続きますが、自分たちの最高のプレーができれば勝てる相手だと思うので、まずは筑波大に勝ってベスト4まではいきたいです」  ――新しく取り組んできたことはありますか。 「明大はレシーブのいい人が多いので一本目を上げてくれますが、やはり3本目に二段トスを打つことが自分は多く、二段トスを決めれるか決められないかで、勝敗にもつながってくるので、とにかく二段トスを決めることを練習でも意識してやってきました」 ――チーム全体をみて、調子はいかがですか。「先日VプレミアのFC東京とも試合をやりましたが、その試合でも良い形でのバレーができていたので、その良い形を東日本でもしっかり出せるようにしたいです。調子はとても上がっていると思います」 ――意気込みをお願いします。「今年はチャンスだと思いますし、メンバーもそろっているのでとにかく昨年度のベスト8を超えて、優勝を目指して頑張りたい」 ――ありがとうございました。   ◆池田 颯太(いけだ・そうた)営2、松本国際、192センチ・75キロ 前衛、後衛どこからでも強烈なスパイクを打てる明大のエース。エースとしての自覚を胸に東日本インカレに臨む。  [S:上林直澄(法2=東亜学園)]  ――リーグ戦後から取り組んでいることはありますか。「チーム的にはリードブロックの徹底とサーブの強化です。個人的にはトスでアタッカーとの信頼関係をつくることに取り組んできました」 ――FC東京との試合でのトスはいかがですか。「FC東京との試合はそこまでに崩れることはく、トスはかなり合っていました。自分もアタッカーが決めてくれるので、気楽に上げられました」 ――トーナメントを見てみていかがですか。「いけるのではないかという気持ちでいったら負けてしまう。まず筑波大戦までの1、2回戦の試合をしっかり内容も良く勝ち切って、その中で筑波大や中大の試合でも結果が付いてきたら良いと思います」――東日本インカレの目標をお願いします。「優勝です。個人としては池田とのコンビが合っている状態で勝つことができればチームにプラスになり、自分としても自信になるので、そういう状況がつくれたらいいと思います」 ――ありがとうございました。   ◆上林 直澄(かんばやし・なおずみ)法2、東亜学園、187センチ・65キロ 長身を活かした巧みなセットアップと強烈なジャンプサーブが持ち味で、スパイクもこなせる攻撃的なセッター。トリッキーなトス回しで相手を翻弄する。   [MB:松田海飛(文2=愛工大名電)]   ――東日本インカレを直前に控えての心境はいかがですか。「全カレに向けて、トーナメントの負けたら終わりという緊張感を持って試合をこなせるということは良い経験になると思うので、1試合目からしっかりやっていきたい」 ――春リーグから変えたことはありますか。「チームとしてリードブロックを徹底しているので、自分も高校時代からずっとリードブロックをやってきたのですが、周りが一緒にやっているので前よりやりやすくなったので、そういう点ではブロックが練習試合でも結果が出てきているので東日本でもやっていけたら良いです」 ――春リーグから取り組んできたことはありますか。「クイックの決定率を上げることで、リーグ戦の終盤ではクイックの打数が増えて、試合運びも楽になったので、打ち込みを多くやって、セッターと合わせてきたので、決定率を上げて東日本でもクイックを決めていきたい」 ――チームの状態はいかがですか。「先日、FC東京と試合をしましたけど、Vリーグ相手に通用しているプレーも多くあったので、あと1週間でしっかり仕上げていきたいです」 ――東日本インカレでの役割はどういったところでしょうか。「自分はプレーで引っ張ったりする感じではないので、声や精神的な面、ブロックでタッチして前につながるなど、周りを生かすようなことができたら良いです」 ――東日本インカレの目標をお願いします。「優勝1つを目指して頑張っていきたいです」 ――ありがとうございました。   ◆松田 海飛(まつだ・かいと)文2、愛工大名電、190センチ・75キロ 熾烈なポジション争いを制し、春季リーグ戦終盤は出場機会が増えた松田。チームが新たに取り組み始めたリードブロックの中心として機能する。   [佐々木崚太] 
READ MORE

(66)ルーキー紹介2018Vol.1

 全国有数の実力校として名を誇る明大サッカー部。今年度も期待の新人選手たちが入部しました。前期リーグ戦も残りわずかということで、いくつかの質問に答えてもらいました。ぜひご覧ください!第1回はGK2人の紹介です。1、ポジション2、呼ばれ方3、サッカーを始めたきっかけ4、明大を選んだ理由5、自分の持ち味6、練習で意識して取り組んでいること7、目標にしている人8、サッカーをやっていて良かったこと9、趣味10、目標[青嶋佑弥(文1=浜松開誠館)]1、GK2、青嶋、あおし3、父が元プロサッカー選手で幼い頃からボールを蹴っていたから4、大学でサッカーをチャレンジする時に、日本一のチームで技術力や人間性を磨きたいと思ったから5、身体能力を生かしたプレーとキックの飛距離6、失点しないこと、声の掛け方、立ち振る舞い一つで味方に安心してもらえるようなGKになれるよう意識している7、ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)。キャプテンシーを持っていて背中で語れる選手だから。セービング力だけでなく、気迫もあるので一番好き8、人とのつながりができたこと9、高校の友人との近況報告10、大学で人間性や技術力を身に付けてプロサッカー選手としてご飯を食べていけるようになりたい。支えてくれる親のためにもプロになって少しでも喜んでもらいたい[越中屋光希(法1=札幌大谷)]1、GK2、えっちゅうや、えっちゅう3、兄がサッカーをやっていて、GKをやっていたから4、高校が一緒の服部一輝(平29法卒=現カターレ富山)に中学時代から憧れていて、その人が明大に進んでキャプテンを務めプロに行ったことが一番の決め手5、守備範囲の広さと積極性とコーチング6、GKは信頼が大切なので、日々の練習から絶対的安心感は保てるようなプレーをすること7、服部選手。目標にしている選手でもあり、身近な選手でもあるので8、人とのつながりだったり、サッカーの試合を多くの人に見てもらえること9、テレビを見る。特にドラマを見る10、プロサッカー選手が一番の目標だが、まず明大で試合に出て、関東選抜にも入れるよう頑張ることが身近な目標[左から青嶋、越中屋]今回は選手たちの関係を知るために対談を行いました。――お互いの第一印象を教えてください。青嶋:セレクションで初めて会ったんですけど、(越中屋は)練習前に1人でめっちゃテーピングを巻いていたんですよ。こいつ本気だなと思って、負けたくないと思いました。越中屋:(青嶋は)最初、気が強くて固そうでザ・キーパーという印象でした。でも、結構いかつく見えて悪ノリな感じですね。――お互いのプレーで見習いたいことは何ですか。青嶋:(越中屋は)コーチングや試合の中で修正する能力が優れています。あと、守備範囲がかなり広いです。越中屋:(青嶋は)身体能力が高くて、嘘でしょ?という場面で大仕事をこなしますね。あとは、キック力。本当に飛ぶのでそこは教えてもらいたいです。――練習をやっている中で、こうしたら良くなるところはありますか。青嶋:楽しむことが一番なので、その中でお互い気付いたことを言っていければなと思います。越中屋:練習や試合の中で、お互いの弱い部分を言い合えたり、いいプレーをしたらナイスだったりの声掛けをできているので、今の状況を続けたいです。 ――ライバル同士ですが、ここだけは負けたくないところはありますか。青嶋:特にないです。越中屋にもいいところがあり、自分にもいいところがあるので。越中屋:最終的には自分が出る意気ではいますが、お互い競争し合ったら伸びると思うので、特にないです。 お互いのことをよく知っていて、仲の良さが伝わってきました。自分の特徴を生かし、チームの勝利に貢献してくれるはずです。2人の今後の活躍に期待です! ◆青嶋佑弥(あおしま・ゆうや)文1、浜松開誠館、184センチ・76キロ ◆越中屋光希(えっちゅうや・こうき)法1、札幌大谷、179センチ・71キロ 明日6月19日は小林選手、藤原選手の紹介です。乞うご期待ください。[高井正明]
READ MORE

小柏がハットトリック達成! 桐蔭横浜大に5ー1で逆転勝ち/関東大学1部リーグ戦

 怒涛 (どとう)の巻き返しが始まる。4試合勝ちなしで迎えた第10節の相手は桐蔭横浜大。前半開始1分、失点を許してしまう。しかし、前半で逆転に成功し、後半も3点を奪い5―1で快勝。順位を2位と伸ばし早大を追いかける。◆4・7~7・1 第92回関東大学1部リーグ戦(前期)(味の素フィールド西が丘他)▼6・17 第10節対桐蔭横浜大戦(駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場)明大5ー1桐蔭横浜大 (第10節暫定順位 2位 5勝2分3敗)[得点者] 前半19分 村田前半44分 小柏後半3分 小柏後半22分 安部後半41分 小柏《出場メンバー》GK 長沢DF 常本、岩武、上夷、袴田MF 渡辺(→河辺=後半25分)、安部、小野、佐藤亮FW 村田(→中川=後半35分)、小柏(→佐藤凌=後半43分) 攻撃陣が爆発した。試合開始1分、鳥海(桐蔭横浜大)の中央突破からまさかの先制を許す。それでも左サイドの佐藤亮(商3=FC東京U―18)の巧みなドリブル突破からクロスを供給し、数多くの攻撃を演出。前半19分、村田航一(法4=日章学園)のゴールで同点に追い付くと前半44分に小柏剛(商2=大宮アルディージャユース)のゴールで逆転。後半も攻撃の手を緩めず一挙3得点で見事に逆転勝利を収めた。 小柏が本領を発揮した。今季序盤は得点力に悩んだ。しかし、持ち味の裏への抜け出しからドリブル突破がチームにマッチ。右足、頭、左足と全ての部位でゴールを奪い、見事にハットトリックを達成した。「自分の得点でチームが勝てたことが良かった」(小柏)と5戦ぶりの勝利に貢献。自身に点数をつけるなら「80点くらい」とまだまだ貪欲な姿勢を見せた。「ハットトリックをしたのは高3の冬以来」(小柏)と大学では初めて。プリンスリーグ得点王の血が騒ぎ始めた。 本来の明大の輝きを取り戻しつつある。前期最終節の相手は東京国際大。今節の勝利をきっかけに、アミノバイタルカップに弾みを付けたい。集中応援を力に前期リーグ戦を連勝で締めにいく。[高井正明]⚽第92回関東大学1部リーグ戦(前期)順位表⚽【第10節暫定】順位チーム名勝ち点試合数勝数分数負数総得点総失点得失点差前々節前節今節1早大2510811241212○○○2明大17105231798△△○3法大171052315150〇△〇4流経大16105141819-1〇×〇5専大16105141217-5×△×6筑波大151043318144×〇〇7順大131041519136×△×8駒大131041521192△××9桐蔭横浜大13104151617-1△〇×10東洋大12103341216-4×〇〇11東京国際大910235918-9△××12国士大410118921-12×××試合後のコメント栗田大輔監督――4戦勝ちなしからの快勝でしたがいかがですか。 「力はあると思うんですけど、あとは本当に点が入るか入らないかというところで、今日は点が取れたということが勝因だと思います」岩武克弥主将(政経4=大分トリニータU―18)――今日の試合を振り返っていかがでしたか。 「立ち上がりの失点が無駄でした。まだ立ち上がりと終わり際に失点しているので、そこは一回詰めないといけないと思いました。後は今まで中々得点が取れない中で練習でやったことが出せたと思います」村田――次節の東京国際大戦への意気込みをお願いします。 「最終節なので何より勝ちにこだわりたいです。また集中応援ということもありいろんなお客さんが来てくれるので、皆さんの前で勝利をしっかり勝ち取っていい形で前期を終えられたらと思います」安部柊斗(政経3=FC東京U―18)――今季初ゴールでしたがいかがでしたか。 「個人的に初ゴールで、僕もあまり点を取る選手ではなく年に1、2点くらいしか取れない中の今日だったので、すごくうれしかったです」
READ MORE

スクラムで圧倒し、春明早を制す/招待試合

春シーズンを勝利で締めくくった。来年のW杯開催地・豊田スタジアムで行われた早稲田との招待試合。序盤から明治ペースに持ち込み、前半を17―5で折り返す。後半は一時早稲田のタフなアタックに苦しむもののFW戦で優位に立ち29―5。伝統の一戦は明治に軍配が上がった。 ◆6・17 招待試合(豊田スタジアム)▼対早稲田戦 ○明治29{17―5、12-0}5早稲田  スタンダードの差が顕著に表れた。17―5で迎えた後半開始直後にキックオフボールを獲得ミスすると、一気に早稲田ペースに。テンポの速い連続アタックに苦戦し、自陣でのディフェンスが続いた。アタックが強みの明治にとって前に出られない我慢の時間だったが「ディフェンスでずっと前に出続けて、相手のアタックラインを下げることができた」(スクラムハーフ福田健太主将・法4=茗溪学園)。そして後半11分、自陣で相手ボールをターンオーバーすると、スタンドオフ二浦瑞樹(営3=明大中野)がキックパス。すかさず右ウイング山村知也(営3=報徳学園)がキャッチし、約40メートルの独走トライを演出。「全員が80分間集中力を切らなかった」(左プロップ齊藤剣・政経4=能代工)からこそ、攻撃と守備がかみ合い1トライに抑えることができた。  スクラムで勝負は決まった。天理大戦からスクラムで後手に回ってしまい、チームの強みにすることができなかった。「組んだ時のヒットがチームには足りない」(齊藤剣)。そこで早稲田戦前の練習からかなりの本数を組んで、8人でまとまって低く組んで押すことを再確認した。また13日にはトヨタ自動車ヴェルブリッツとFW合同練習を行い、安定感のあるセットプレーを追求。その成果が表れたのは前半12分だった。「組んだ時点で勝てると思った」(ナンバーエイト坂和樹・政経3=明大中野八王子)。相手ペナルティーで敵陣深くのマイボールスクラムを獲得すると坂が自らボールを持ち出し、先制となるスクラムトライを決めた。また22―5で迎えた後半29分にも敵陣ゴール前のスクラムで二度コラプシングを誘発し、認定トライを獲得。「相手にプレッシャーをかけてマイボールをしっかりキープできた」(齊藤剣)と重戦車のプライドを見せた。  個人のレベルアップに特化した春シーズン。そのためチームの戦術には手をかけていないが「選手たちが主体的にコミュニケーションを取っている」(田中澄憲監督)。8月からの夏合宿から戦術面に取り組んでいくが「FWからでもBKからでもトライを取れるチームを目指す」(坂)。向上心の尽きないチームに死角はない。8月の菅平合宿でさらなる成長を遂げ、大学日本一への挑戦に挑む。[木村優美]試合後のコメント齊藤剣――今週はどの部分を重点的に練習しましたか。 「アタックを積極的にやることです。FWはセットプレーとスクラムを重要視しました。結果的に良いスクラムが組めて相手にもプレッシャーをかけることができたし、マイボールもしっかりキープできたので良かったです」 坂――春に成長した部分はどこですか。 「途中ケガもありましたが、自分の持ち味のボールキャリーを磨くことができました。今日もその部分をアピールできました。FWからでもBKからでもトライが取れるチームを目指します。そのために自分の強みを生かしてチームに貢献できるように練習していきます」 二浦 ――どのようなゲームメイクを考えて臨みましたか。 「ディフェンスがかなりいいチームだと聞いていたので、しっかりとダイレクトにゲインライン切ってアタックすることと、接点で負けないようにブレークダウンを取ることを意識して、明治らしい動かすラグビーをしようと考えていました」
READ MORE

元川、佐久間が準優勝! 森田も9位入賞を果たす/全関東学生選手権

 今年度初の公式戦となった全関東学生選手権。団体戦は男女ともに昨年を下回る結果に終わるも、男子個人戦で元川海徳(営3=川崎市商)、女子では佐久間香名(政経4=水戸桜ノ牧)が準優勝に輝いた。◆6・16~17 全関東学生選手権(日本武道館)▼男子団体 明大――ベスト16▼女子団体 明大――ベスト8▼男子個人 元川――2位 森田――9位▼女子個人 佐久間――2位 次につながる入賞だ。2位が懸かった順位決定遠近競射。1番目に引いた元川の矢は、吸い込まれるように的の真ん中へ。会場を驚きに包む矢を披露し、準優勝を決めた。それでも「抜いてしまった一本の印象の方が大きい」と優勝を逃した一矢を悔やんだ。元川の他にも、森田直弥(理工2=芝浦工大柏)が9位入賞。団体戦で表彰台から遠ざかる男子部に、明るい兆しをもたらした。 準優勝に輝いた元川 仲間の思いがこもった矢で、表彰台を射止めた。佐久間は4回連続で当て、遠近競射に臨んだ。「緊張して、手が震えた」中、自分に打ち勝ち的中。準優勝でうれしい初の個人入賞となった。「周りのメンバーがいてくれて、全員で戦っている感じがした」(佐久間)。団体戦から互いに支え合い、試合に挑んできた女子部。その雰囲気が日本武道館という大きな舞台でも、彼女を後押しした。自身の入賞にも、佐久間は「団体戦で勝ちたかった」。次は、全員そろって笑顔で表彰台に上りたい。 一週間後には、全国大学選抜が控える。今大会は団体戦で結果を残せず、悔しさが残っただけに「選抜では優勝を目指す」(白川史織・営4=美原)。初タイトルへ、明治神宮で旋風を巻き起こし、今シーズンを駆け抜ける。[福永智隆]試合後のコメント佐久間――今大会を振り返っていかがでしたか。 「団体戦が一人一人の崩れたところをお互い支え合った試合ではあったと思うので、そこは良い点でした。個人戦は準優勝という結果でうれしいんですけど、団体で勝ちたかったなという思いの方が大きいです」ーー団体戦はベスト8に終わってしまいました。 「今回、ベスト8という残念な結果になってしまいましたが、収穫もあって悪いところも見えてきた大会でしたので、選抜ではその反省を生かしてつなげられたらなと思います。選抜は、私たちにとって最後になるので悔いが残らないように一生懸命やって優勝を目指したいなと思います」元川ーー今大会を振り返っていかがでしたか。 「正直悔しい思いしかないです。個人的には、この雰囲気にのまれてしまって緊張に勝てなかったのかなと思います。他のメンバーに申し訳なく思います。個人2位という結果も、うれしいというよりも最後の一本抜いてしまったので、そこの悔しさが残る結果となりました。うれしさよりも悔しさのほうが大きいです」ーー来週の選抜に向けての意気込みをお願いします。 「今回緊張の場面で自分がどうなるのかということを理解できたので、そのときの対策を期間は短いですが、今後の練習でしていきたいと思います」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内