早大に逆転負け 5連勝ならず/関東大学リーグ戦

 流れをつかみ切れなかった。リーグ戦5戦目の相手は早大。開始1分にFW松本昴大(商4=北海道清水)が先制点を決め試合の主導権を握ったかと思われた。しかし、気の緩みからか守備が乱れ4失点。第2ピリオド以降は無得点と攻撃も機能せず。最終スコア2-4で試合終了。連勝記録を伸ばすことはかなわなかった。◆9・8~11・25 関東大学リーグ戦(ダイドードリンコアイスアリーナ)▼9・24 対早大戦(ダイドードリンコアイスアリーナ) 明大2{2―1、0―2、0―1}4早大◯ 攻守がかみ合わなかった。試合開始早々に2点を先行し、盤石の試合運びを見せていた。しかし「ほっとしてしまった」(DF梅村宏輔・政経4=北海道清水)と、守りにほころびが生まれる。そのスキをつかれ、早大に連続得点を喫し逆転を許した。2―3で迎えた第3ピリオド。相手にリードされる展開に「焦ってしまっていた」(松本)。攻めていきたい場面でパスが通らず、逆に早大に攻め込まれ追加点を献上。「テンションが下がってしまった」(梅村)と、その後も反撃の糸口をつかむことができずリーグ戦初黒星となった。 本来の力を発揮できなかった。「ペースが良くなかった」(井原朗監督)。8回もペナルティを取られ、思うようなプレーができず。さらに「明治の売り」(松本)というパス回しも今日は陰を潜めた。次戦の相手は東洋大。春の関東大学選手権で延長戦の末負けを喫した相手だ。「気合いを入れて一から頑張る」(梅村)と、敗戦を糧に明治の真価が試される。[藤山由理]試合後のコメント井原朗監督――試合を振り返っていかがでしたか。 「こっちの方が慌ててしまい、ペースが良くありませんでした。そんなに(早大の)プレッシャーを感じなくてもいいところで、こちらから焦ってプレッシャーを感じてしまって、流れが悪くなって、珍しくこちらから慌ててしまいました」梅村――Cマークを付けて試合に臨むこととなりました。  「一応キャプテンがいなくてもちゃんと指揮が取れるようにしてきました。牛来(森都・法4=北海)と話し合ってきて、チームの雰囲気も良かったのですが、負け始めてからはみんなテンションが下がってしまっていました。もっと自分や牛来とか、4年生中心に後輩たちの士気を上げられるようにしないとダメだなと思いました」松本――相手に流れを渡してしまった要因はどこにあると思いますか。  「シュート数の問題だと思います。向こうが多く打っていて、自分たちはあまり打てていなくてというのが相手のキーパーを疲れさせることもできなかったですし、ひやっとさせることもできなかったのが要因です」
READ MORE

投打にかみ合わず 2006年秋以来開幕2カード連敗/東京六大学秋季リーグ戦

 優勝が限りなく遠のいた。勝ち点を懸けた3回戦は1―1で迎えた5回に4失点。6回にも2点を失い大量リードを許す。越智達矢外野手(営4=丹原)の2点本塁打で反撃するが、3―7で試合は終了。2006年秋以来の開幕2カード負け越しとなった。(明)伊勢、竹田、●森下暢、髙橋裕、入江―西野、氷見(慶)○髙橋佑、髙橋亮―郡司【安】(明)9(慶)11【本】(明)越智①2ラン(6回)(慶)嶋田②3ラン(5回)【二】(慶)内田(5回)(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁5 ◇盗塁1 越智(2回) ◇失策1  攻守にちぐはぐだった。同点の5回、前日の2回戦で124球完投勝利を果たした森下暢仁投手(政経3=大分商)が登板。しかし疲労からか3連打で1点を失うと、6番・嶋田翔(慶大)に投じた7球目は瞬く間に左翼席へ。1死も取れずにマウンドを降りた。「自分がいくという気持ちで臨む」と前日に語っていたが、無念の降板となった。 打線も3回に4安打を集めるがわずかに1点止まり。8回にも無死一、二塁の好機をつくるが併殺と右飛で無得点に終わった。「ここ一番での打撃や粘りで勝ちを持ってこないといけない」(渡辺佳明内野手・政経4=横浜)。今春リーグ最多の73得点をたたき出した強力打線が影を潜めている。 何とか意地を見せたい。開幕から2カード連続で落としたことで優勝の可能性はかなり低くなった。吉田有輝主将(商4=履正社)も「もっとこうしておけば良かったというところがいろいろある」と悔しさを隠さない。次は空き週を挟んで東大との戦い。連勝で少しでも勢いをつけたいところ。「応援してくれる人がいる限りはしっかりとした姿を神宮で見せないといけない」(吉田)。負けられない戦いは続く。[楠大輝] 善波達也監督――開幕2カードを連続で落としました。 「監督の指導が行き届いてないなと、そこに尽きます」吉田――2カード連敗した今の率直な感想をお願いします。 「勝てなくて悔しいの一言です。試合もですけど日常生活も小さなことが積み重なったような感じです」――慶大の強みは何でしょうか。 「ずっと前からそうなんですけど、チームでやろうとしていることを全員が徹底してできるということだと思います。監督の指示なのか自分たちでやっているのか分からないんですけど高いレベルで考えて野球をやっているような気がします」 渡辺佳――今日の試合を振り返っていかがですか。 「勝てた試合だと思うので、それを勝ち切れなかったのは、ふがいないです」――勝ちにあと一つ足りないところは何でしょうか。 「執念じゃないですかね、絶対に負けられないのは分かっていたので、執念ですね」――今後に向けて意気込みをお願いします。 「再来週の東大戦に向けて、もう一度みんなで勝つにはどうすればいいか考え直したいと思います」
READ MORE

入替戦制し1部残留 全員でつかみ取った勝利/関東大学リーグ1部2部入替戦

 1年間の集大成となるリーグ戦を終えた。結果は男女ともに1部残留。男子は青学大、女子は立大を相手に、猛烈な争いを繰り広げた。来年も1部校として、強豪ひしめくリーグを戦う。 【男子:S1本城VS徳本】 主将としてやり遂げた。「相手の雰囲気にのまれないように」。4年生にとって今回が引退試合。「勝って終わりたかった」。セットカウント1-1で迎えた第3セットは0-3で劣勢に。だが「気持ちでもプレーでも引かなかった」。4-3まで巻き返し、流れをつかんだ。9回のマッチポイントをくり返す熱戦の末、7-6で勝利。学生生活最後の試合を、笑顔で締めくくった。【女子:S1斉藤VS高橋】  悔いなくやり切った。この試合で、14年間の現役生活に終止符を打つ斉藤佳帆主将(文4=拓大紅陵)。ラストマッチは、就職活動を一緒に行うほど仲のいい友人との対戦だった。序盤は4ー1とリードするも、粘り強く向かってくる相手を止められず。第1セットを5ー7で先取される。第2セットも挽回できず、2ー6で敗戦。結果こそ、振るわなかったものの「最後の試合を今日の相手とできてうれしい」。納得の笑顔を見せ、試合を振り返った。1部への強い気持ちが勝利をつかんだ。「1部校のプライドを持って、最後は勝ち切れた」(上原監督)。目標にしていた王座進出には届かなかった今大会。だが「一丸となって戦えた」(本城)と、入替戦で明大の底力を発揮した。[大橋侑奈]※男女リーグの総括記事を後日掲載します。試合後のコメント池添 ――今日の自身の試合はいかがでしたか。  「ダブルスでふがいないプレーをしていたので、シングルスは勝ちにいかなければいけないと思いました。気持ちは少しだけ落ちてはいましたが、プレーはすごく良かったので、しっかり挽回できました」斉藤――入替戦はいかがでしたか。  「残留できて、本当にうれしいです。1部を守らなければいけない立場はきつかったです。でも、とにかく楽しく笑顔でやろうということを話していました。男子と同時進行ということもあって明治の流れ、勢いがすごくありましたね。4時間の試合を制したD2のおかげで今日の勝ちがあると思います」中村彰宏(理工4=筑陽学園)――今日のご自身の試合はいかがでしたか。  「リーグ戦で1度も勝てていなかったのですが、最後、チームがピンチになった状況で1勝できて良かったです。本城・池添組が負けた分、彼らの分まで勝とうと思っていました」本城――どのような気持ちで試合に臨みましたか。 「自分は2本出ることが決まっていたので、2本とも絶対取らないといけないと思っていました。9ー0にするつもりで、チームとしてもやっていました」
READ MORE

スタメン5人入れ替えで打線つながる 今秋リーグ戦初勝利/東京六大学秋季リーグ戦

 ついに初勝利をつかんだ。初回に平塚大賀内野手(政経4=春日部共栄)の適時打で2点を先制するなど、不振にあえいでいた打撃陣が躍動。それに応えるように、エース・森下暢仁投手(政経3=大分商)も粘投を見せ、7-4で今季リーグ戦初勝利を飾った。(明)◯森下暢―西野(慶)●菊地、石井、木澤、森田晃、津留﨑―郡司【安】(明)12(慶)4【本】(慶)中村(5回)【二】(明)平塚(6回)(慶)内田(5回)(明)◇犠打5 西野(2回)、北本2(2回、4回)、逢澤(6回)、森下暢(9回) ◇併殺0 ◇残塁12 ◇盗塁4 添田(1回)、内山(1回)、陶山2(3回、4回) ◇失策1 名将による苦肉の策が功を奏した。これまでの不調を受け「突破口になれば」(善波達也監督)と、前日からスタメン5人を入れ替える大胆策で試合に臨んだ明大。これに奮起したのがリーグ戦では初の4番打者を務めた平塚だ。普段と異なり、4年生で先発出場したのは開幕から好調の続く渡辺佳明内野手(政経4=横浜)と平塚のみ。「(3年生以下に)背中で見せたかった」と、初回に貴重な2点右前適時打を放つと、第4、5打席にも右方向へ快音を響かせこの日猛打賞。「右方向に安打がでるのは調子のいい証拠」と、今後の試合にも期待のできる内容で勝利へ大きく貢献した。 この1勝を弾みに。なんとか第3戦に持ち込んだことで逆転優勝への道は残されたが、窮地には変わりない。この日完投した森下暢も「負けそうになったらいく」と臨戦態勢は整っている。今季初、そして慶大からは4季ぶりの勝ち点奪取へ。全身全霊で陸の王者との最終決戦に挑む。 [小野原琢真]試合後のコメント善波監督――大幅な打線の組み換えとなりました。 「なにか刺激を与えたり、あとは調子のいい選手を使って突破口になればなと。非常に明るいというところまではいかないですが、効果はあったんじゃないかと思います」――明日の投手起用についてはどのように考えていらっしゃいますか。 「もう慶応に通用しそうなピッチャーをみんな送る感じです。流れはできたので、今度は勝ち点というところに向かって進んでいきたいと思います」平塚――スタメンの多くが3年生以下という中での起用になりました。 「4年生は2人だったので、2人で引っ張っていく、背中で見せられればいいなと思ってやっていました」――開幕から打撃好調が続きますがご自身の手応えはいかがですか。 「普段通りやっていたら打てている感じなので、一生懸命頑張っている結果かなと思います」陶山勇軌外野手(商1=常総学院)――リーグ戦初出場がスタメンでの起用となりました。 「4年生の大学野球生活を、自分のミス一つで終わらせてしまうような場面で、すごい緊張はしていました。逆に自分が頑張ればチームの流れを変えられるんじゃないかと思って全力でプレーしました」
READ MORE

計7トライを許し慶応に敗戦 開幕連勝ならず/関東大学ジュニア選手権

 勝機を見いだすことはできなかった。序盤から慶応に主導権を握られ、開始20分で19点のビハインドを負う。14―31で迎えた後半も攻守で後手に回り、点差を覆すことはできず。一度もリードを奪えないまま、最終スコア33ー45でノーサイドとなった。◆9・23 関東大学ジュニア選手権(慶応日吉グラウンド)▼対慶応戦   明治33{14ー31、19ー14}45慶応○ 「最初でテンポを持って行かれた」(スクラムハーフ梅川太我・営2=石見智翠館)。前半3分、自陣深くでの相手ボールラインアウトから、フェーズを重ねられ先制トライを許す。続く8分、18分にも立て続けにトライを献上。前半だけで5トライを奪われ、14―31で折り返す。後半に入っても、自陣でプレーする苦しい時間が続き、最大26点のリードを奪われた。後半38分、39分に連続トライを挙げるも、反撃及ばず。12点差でノーサイド。「良いところはなかった」(田中澄憲監督)と指揮官もバッサリ切り捨てた。 ディフェンスで苦戦を強いられた。「ファーストタックルで受けてしまった」(ナンバーエイト山本龍亮・情コミ2=桐蔭学園)。顕著だったのは前半18分。センターライン付近での相手ボールスクラムから大外に展開され、ゲインを許す。振り戻しでFWとBKの間をラインブレイクされ、最後はキックパスを受けた右ウイング中山和正(慶応)がグラウンディング。「アタックを止め切れなかった」(フルバック雲山弘貴・政経1=報徳学園)。試合を通してディフェンスのギャップを突かれるシーンが多く見られた。次戦の相手は昨年度ジュニア王者・帝京大。「今回の負けを生かす」(山本龍)。この1週間で課題を修正し、難敵に挑む。[高智琉大朗]試合後のコメント右ロック舟橋諒将(文4=札幌山の手)――今後の試合に向けての改善点は何ですか。「今日は技術というか、アティテュードの部分で悪い部分が出てしまったので、そういうところから改善していきたいです」山本龍――試合の振り返りをお願いします。「ディフェンスで受けてしまって、アタックでも受けているシーンが多かったので、そういうところで気持ちの差で負けてしまったと思います」梅川――チームとして心掛けていたことは何ですか。 「一つ一つのプレーの精度を高くというのを掲げてやってきましたが、そこの精度のところでミスが起きてしまい、明治のラグビーができていませんでした」雲山――ディフェンスはいかがでしたか。「慶応のシンプルに順目に展開するアタックに対して、明治は順目に回りきれず。外が余ってゲインされていたので、もっと自分が後ろからFWにコールして、外埋めができれば良かったと思います」三好優作(文2=松山聖陵)――自身のトライシーンの振り返りをお願いします。  「後半から入った陸人(福田)が外にいて、僕も足が限界ですごくきつかったですが、絶対に取り切らないといけないトライだと思っていました。陸人に付いていって、最後に外に放ってくれることを信じて走り切りました」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内