インカレ直前特集2018(3)トラック班3、4年生インタビュー

 チーム一丸となり雪辱を果たす。トラックで総合5位に付いたものの、ロードの不調により悔しい総合6位で幕を閉じた昨年度のインカレから早くも一年。再び勝負の時がやってきた。「個性豊かなメンバーが揃っている」(隈園郷史主将・政経4=明大中野)という今年の自転車部。個々の強みをチームの武器にして、今年こそ悲願を達成してみせる。第三回はトラック班の3年生と4年生、4選手に大会へ向けての意気込みを語ってもらいました。(取材は8月6日に行ったものです。)☆田川翔琉(政経3=ルーテル学院)☆出場予定種目:チームパーシュート、タンデム――インカレを前にした心境を教えてくださいテスト期間があったので乗れていないというのがありましたけど、2日前にインカレ合宿をベロドロームで練習をやりました。自分は短距離のタンデムの方で頑張ってきましたけど、今年のインカレは団体種目のチームパーシュートのメンバーにも入っているので、2日前に計測をしたところ、あまり練習をしていない割にいいタイムが出たので走れているかなという感じです。タンデムの方も計測したかったんですけど、パートナーの甲斐くんが体調不良で練習できていないので、明日からまた静岡で合宿が3日間あるので、そこで来週調整をしてインカレ当日に臨みたい思います。――昨年のインカレを踏まえて意識する点はどこですか団体種目のチームパーシュートが初日の一番始めにあるので、その点で明治の勢いに乗らせるためにも、絶対に8位以内に入らなければいけないですし、あわよくば順位決定戦に乗って、そこからスプリントやタンデムの計測もあるので、初日にタイムが悪くて得点にも絡めないというのは絶対に避けたいので、勢いづけられる走りをしたいです。――インカレでの目標を教えてください団体種目で8位入賞というのは絶対ですけど、順位決定戦にも今の4人のメンバーであれば乗れると思います。個人種目のタンデムは優勝して、インカレの会場で明治の校歌を流したいです。――インカレへの意気込みをお願いします絶対にインカレで優勝して、お世話になった人たちに恩返しできるように頑張りたいです。☆谷口力也(営3=開新)☆出場予定種目:スプリント――インカレを前にして今の心境はいかがですかチームに貢献できるようにと思うとやっぱり緊張もあります。――去年のインカレを振り返っていかがですか去年は入賞も何もできなかったので今年はチームのために貢献しようと頑張りたいと思っています。――レースプランはありますかまずは予選があってそれを上の方で上がって、そこから一対一の戦いで2回勝って入賞圏内に入りたいなと思います。――この1年で成長した部分はどこですかやっぱり強い後輩がいるので刺激になっていますね。――特に誰から刺激をもらっていますか2年生の甲斐と荒川が強いので、練習面でも刺激になっています。――今回の大会で引退される4年生の先輩への思いは1個上の先輩なので3年間付き合ってきて寂しい思いもありますね。――インカレの目標と意気込みをお願いしますスプリントの予選で自己ベストを出して、1点でもチームに貢献できるように入賞することです。☆池西拓海(営4=栄北)☆出場予定種目:マディソン、タンデム(補欠)、ロード(補欠)――インカレを前にした心境もともと調子が良くなかったところで調子を戻してきつつあるので、そういった意味では期待できるかなと思います。――練習は具体的に何をしましたか正直マディソンの練習があまりできておらず、自分の相方の梅本が団体種目の練習に注力しなければいけないのでなかなか一緒に練習ができる機会がなかったことからあまり練習ができていません。明日からまた合宿がありそこで積極的に練習していこうということになったので、マディソンの練習に関しては明日から本格的にやっていくつもりです。――不安はありますかコンビネーションに関しては全然練習ができていないので、不安しかないです。でも相方の梅本がかなり実力のある選手だと思うのでそういった意味では期待できるので勝てるかもしれない気持ちと不安な気持ちの半々だと思います。――最後のインカレにかける思いを聞かせてください今年最後なので悔いは残したくありません。結果がどうであれ、悔いを残さない練習や調整をしていければと思います。――モチベーションの保ち方はインカレ以外には全国大会がスクラッチもあるので、そういった部分をモチベーションにもしていましたし、スクラッチ以外にも食わず嫌いをしないでマディソンでもちゃんと練習とかいろいろ戦術などを工夫していけば勝てるのではないかと自分の中で納得して試合に臨んでいた部分があります。スクラッチがなくなってしまったことはショックでしたけれど、すぐに立て直しはできたと思います。――トラック班全体を見てどうですか仕上がりはだいぶよくなってきていると思います。他大の仕上がり具合はよくわからないのでインカレはどうなるかわからないですけど、明治としては仕上がってきていると思います。――どのようにチーム貢献したいですか自分が出場するマディソンは絶対入賞。できれば表彰台を目指してできる限り上の順位をとって貢献したい気持ちと、それ以外の部分では他のレースに出る選手のサポートをすれば選手たちがよりパフォーマンスが高いレースができると思うので、そういった意味でも助けていきたいです。――意気込みを教えてください自信がないとは言いましたけど4年生としての最後のインカレなので、絶対負けたくないので、勝つつもりでいきたいと思います。☆隈園郷史(政経4=明大中野)☆出場予定種目:1キロメートルタイムトライアル、チームスプリント――最後のインカレを控えての心境を教えてください調子は上がってきていて自然とタイムも出てきているので、あとは周りより早く走るだけだと思っています。――昨年は1キロメートルタイムトライアルで優勝を収めましたどちらかというと自分のタイムと向き合っている感じで、去年は3秒だったので今年は2秒出そうと思ってきています。2秒出せば勝てると思うのでとりあえず自分は去年の自分を越えようという気持ちできています。――現在の調子はいかがですか相当いいと思います。今年に入ってから一番いい状態です。――合宿での練習内容は普段出せないスピード域、競輪場ならではのスピード域、トップスピードが出るのでどちらかというと上限スピードを上げるトレーニングをしていました。――主将から見た今年のチームはいかがですか個性豊かなメンバーが揃っているなと思いますね。それぞれの持ち味をしっかり発揮してくれればいい感じに結果もついてくるんじゃないかなと思います。――今年の会場はベロドロームです(ベロドロームは)めちゃくちゃ苦手でした。苦手だったんです。2年生の時に激しい転倒をしてから苦手意識がすごく植え付けられてしまってあまりうまく走れなかったんですけど、それをやっと克服してきた感じでちゃんと走れるようになりました。なので今の自分としては苦手要素としては感じていないです。――インカレでの目標と意気込み1キロメートルタイムトライアルでは2秒を出すこと。チースプは優勝することを目標として、この2つは必ずやり遂げたいと思います。――4選手とも、ありがとうございました!◆文部科学大臣杯 第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会◆日程:トラック:8月17日~19日ロード:9月2日会場:トラック:静岡県伊豆大野 日本サイクルスポーツセンター 伊豆ベロドローム(250m)   ロード:長野県大町市美麻地区 公道周回コース 1周 13.4km[自転車部担当一同]
READ MORE

斉藤が第2シードに勝利! 前日の宮田に続く大金星/全日本学生選手権4日目

 連日の快進撃だ。斉藤佳帆主将(文4=拓大紅陵)が第2シードの上唯希(早大)を破る大金星。竹本琴乃(国際3=高松北)も3回戦進出を決めた。前日に第1シードを破った宮田みほ(文3=名経大高蔵)を皮切りに、女子が大活躍を見せている。◆8・13〜19 全日本学生選手権(岐阜メモリアルセンター)▼8・16[男子シングルス2回戦] 市川 1{6―2、2―6、3―6}2 加藤(亜大)○ 蓮見 0{5―7、3―6}2 岡垣(法大)○[女子シングルス2回戦]○斉藤 2{3―6、6―4、7―6}1 上(早大)○竹本 2{3―6、6―1、6―0}1 大塚(同大) 大接戦を制した。斉藤の2回戦の相手は第2シード・上。これまで1勝も許してもらえていない強敵だ。「こんなに長い試合は人生初」と思い起こすように、熱戦は4時間を超えた。第1セットは3―6で奪われるも、4ゲーム連取もあり6―4で第2セットを獲得。試合を振り出しに戻した。 第3セットは一進一退の攻防が続き、5―4でリード。しかし、3回あったマッチポイントを取り切れず。逆にマッチポイントを握られてしまう。焦ることなく窮地をしのぐと「これは、また私にチャンスが来る」と奮起。直後のタイブレークをモノにし、金星を挙げた。 チームでつかんだ勝利だ。「応援がすごく力になった」。試合中はチームメートや保護者から、絶えず激励の声が飛んだ。試合後には、続々と祝福のメッセージが届いた。「色々な方が気に掛けてくれてうれしい」。周囲の人々への感謝の気持ちを忘れずに、勢いに乗り頂点を目指す。 大会も中盤戦だ。男子で残るは、合戸廉太朗(法3=大分舞鶴)・安増篤史(商3=折尾愛真)組のみ。女子は3人と、1組が試合を控える。勝ち残っている唯一の4年生・斉藤は「負けてしまった人の思いも背負って頑張りたい」と、気合十分。明治旋風は、まだまだ終わらない。[渡部伊織]全日本学生選手権の写真をこちらに掲載しています‼️試合後のコメント斉藤――本日の試合はいかがでしたか。 「4時間を超える試合で、こんなに長い試合をしたのは人生初めてでした。頑張って良かったです」――どのようなことを考えて試合に臨みましたか。 「2―4で中断したところから入る試合でした。第1セットはできるだけ食らい付こうと思っていました。第2セットはインドアということもあり、相手のボールに差し込まれることが多かったです。でも、そこで引かずに打っていこうと決めていました」――相手はどのようなプレーをしてきましたか。 「何回もやったことがあって、1回も勝ったことがない相手でした。コースを突いてきて、ミスも少なかったです。そこで私がムキにならずに、走ってボールを取り続けられました。去年のリーグ戦でも負けていたので、良かったです」――試合後の周りの方々の反応はいかがですか。 「色々な方から連絡が来ています。監督からも電話をいただきましたし、昨日帰ってしまった母もすごく喜んでいました。卒業された先輩方からも連絡をもらいました。色々な方が気にかけてくれたんだなと思いました。応援してくれている人がたくさんいるなと感じました」
READ MORE

白川 史上初、インカレ個人制覇! 男女団体は頂点には届かず/全日本学生選手権

明大女子部史上初の快挙だ。名古屋で行われた全日本学生選手権で、白川史織(営4=美原)が女子個人戦優勝を果たした。一方の団体戦は男子がベスト4、女子がベスト8。また、女子団体は体配や射形の美しさが評価され、射道優秀賞を獲得。明大弓道部の歴史に新たな1ページを刻んだ。  ◆8・13~15 全日本学生選手権(日本ガイシホール)▼男子団体 明大――ベスト4▼女子団体  明大――ベスト8▼女子個人  白川――1位   最後のインカレで有終の美を飾った。本選出場者340名の中、八寸的3本目に残ったのは白川を含め3人。「緊張した状態がうまいこと集中につながった」(白川)とインカレ独特の緊張感を味方につけ見事に的中。「終わった瞬間も夢なんじゃないかと思った」(白川)という自身も驚く優勝で、インカレを締めくくった。女子団体は、準々決勝で6月の全国大学選抜で敗れた愛媛大にまたも敗れ、ベスト8に終わっただけに「1つタイトルが取れて、安心した」(白川)。団体では射形が最も美しいと評価され、射道優秀賞を受賞するなど、全国の舞台で明大の力を存分に発揮した。射道優秀賞に輝いた女子団体 男子は、あと一歩頂点には届かなかった。準々決勝を19中で勝利し、迎えた準決勝・桜美林大戦。「1本目を2人抜いてしまって劣勢に立たされ、その後もこらえ切れなかった」(寺本裕明監督)と、課題であった初矢を外したことが響き、まさかの14中。決勝進出はならなかった。それでも「これまでのインカレで一番良い感覚があった」(元川海徳・営3=川崎市商)と久しぶりのベスト4で確かな手応えをつかんだ。   次戦は、リーグ戦。目標は男女優勝して、王座に進出と明確に定まった。「チームみんなに王座にいこうという意思があるので、王座は絶対にいく」(白川)。白川のインカレ制覇を追い風にチーム一丸となり、優勝を射抜く。  [上松凜助]  試合後のコメント 白川 ――優勝の率直な感想をお願いします。 「驚きを隠せない感じです。元々、個人戦苦手という意識が強くて諦めてしまうのですが、今回はアリーナで引くのが最後ということもあっていい緊張感を持ちながら、引けたのが良かったのかなと思います」 ――団体戦はベスト8で終わりました。  「団体で勝ちたかったなという気持ちが強かったです。欠点は初矢と止矢が抜きがちということで、元々初矢と止矢は大事という話をしていたんですけど、それが今回の試合で重要さが目立ったなと思います」  元川――男子団体の振り返りをお願いします。 「これまでのインカレの中で、一番今回が良い位置までいけてそれは良いことだと思います。自分自身、絶対中てるという思いが強かったです」  ――リーグ戦に向けてお願いします。  「リーグ戦に向けて、チーム全体で絶対抜かないという強い意志をもって、『明治は強い』という意識を他大に植え付けさせれば、勝ちにつながるのかなと思います。そして、リーグで優勝して、王座へと進みたいと思います」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内