青学との接戦を落とす 連敗5/関東大学1部リーグ戦

 悔しい負けが続いている。序盤から青学大ペースで試合が進みリードを奪われる。後半、決死のディフェンスで一時逆転するも、青学大の反撃を耐えきることができず71-79で敗北。5連敗となった。◆8・25~11・11 第94回関東大学1部リーグ戦(駒沢屋内球技場他)▼9・19 対青学大1回戦(とどろきアリーナ) 明大71{16-22、16-24、26-13、13-20}79青学大◯  スターターは、PG渡辺翔太(政経2=宇都宮工)、SG綱井勇介(文4=大阪学院)、SF須藤昂矢(営3=桐光学園)、PF植松義也(営2=桐光学園)、C今川友哲(営4=大阪桐蔭)。 積もり積もった連敗はついに5を数えた。序盤、青学大の激しいディフェンスを前にターンオーバー(※1)を連発。前半を14点ビハインドで折り返す。後がない明大は第3クオーター(Q)で勝負に出た。守備形態をオールコートマンツーマン(※2)に変更。厳しいプレッシャーをかけ続けた。すると「自分たちの流れになった」(須藤)。一気に形成をひっくり返し第4Q早々逆転に成功。残り7分には6点差までリードを広げる。しかし、5連勝中の青学大が勝負強さ見せた。4割の成功率を誇る3Pシュートで再び流れを奪われ、再逆転を許してしまう。残り試合時間が1分を切り、苦肉の策のファウルゲーム(※3)に突入するも点差は縮まらず、71-79で敗北。シーソーゲームを勝ち切ることはできなかった。 次の早大戦は明大と同じく負け越しているチームとの戦いになる。「ここで勝たないと後からきつくなる」(渡辺)とチームにも危機感が増している。「きっかけさえつかめれば勝てるようになる」(濱西康一監督)。2部降格を避けるため、何としても“きっかけ”をつかまなければならない。(※1)オフェンス側がシュートを打てずに攻撃権が移り変わること(※2)常にプレッシャーを与え続けるディフェンス。スタミナを多く消費する(※3)僅差で敗れているチームが攻撃権を素早く入れ替えるため意図的にファウルを行いフリースローを相手に打たせる戦術[田北俊介]試合後のコメント濱西監督――試合を振り返っていかがですか。 「第3Qのディフェンスが頭からできていれば、勝機を見いだすことができたと思います」――オールコートマンツーマンの意図は何ですか。「ビハインドを取り返すために流れをつかもうと仕掛けました。第3Qでエネルギーを使い過ぎてしまったかなと思います。エネルギーを使わざるを得ない状況を作ってしまった前半が問題だと思います」  ――今後の戦いは負けられない戦いとなります。 「2戦目から修正してどんどん良くなっているので、あとはきっかけさえあれば勝てるようになると思います。この週末はきっかけ作りの週末になると思います」 須藤――早大戦に向けて意気込みをお願いします。 「勝てないと厳しい状態になるので絶対に勝ちたいです。明大はディフェンスのチームなのでやってきたことを再確認して臨みたいと思います」渡辺――オールコートマンツーマンでの体力の消耗は大丈夫でしたか 「少しきつかったんですけど、今川さんから『スタミナは気にせず行こう』という話があったので、思い切ってディフェンスできました」
READ MORE

2年連続で新人育成賞に選出!/関東学生新人大会

 今月15日に行われた関東学生新人大会で、2年連続となる新人育成賞(総合優勝大学)に選出された。さらに男子有段の部を含む5部門制覇を達成。昨年の3部門制覇を大きく上回る結果となった。   ◆9・15 関東学生新人大会(八王子市総合体育館) ▼男子有段の部 惠中・青木組――1位  女子茶帯の部 土井・藤田組――1位  男女茶帯の部 久保・渡邉組――1位  男子白緑の部 長田・永井組――1位  立会評価法男子級拳士 相場――1位  男女白緑の部 白鳥・谷合組――2位  立会評価法女子級拳士 久保――2位  立会評価法女子有段 金子――3位  女子有段の部 森・小澤晴組――5位  男子茶帯の部 相場・井上組――5位  男女茶帯の部 髙木・村松組――5位  女子白緑の部 板倉・小澤り組――5位    地道に力を蓄えてきた下級生にスポットライトが当てられた。新人大会は1、2年生にのみ出場権が与えられるため、普段は主役の上級生は後輩を指導する立場に専念。夏の厳しい練習、合宿を通して、今まで培ってきた技術や少林寺拳法に対する考え方を伝えていった。それに下級生も努力で応え、2年連続で新人育成賞を獲得。部全体の底上げは着実に進んでいる。次は頼もしい上級生も加えて、11月に行われる全日本学生大会で総合連覇を狙う。   [桐山雄希]※写真は少林寺拳法部より提供
READ MORE

森下暢好投またも実らず まさかの開幕連敗スタート/東京六大学秋季リーグ戦

 悲劇は止まらなかった。先発の森下暢仁投手(政経3=大分商)は2日前に150球を投じた疲れをみじんも感じさせず8回無失点の好投を披露。一方、打線は好機こそ演出するが攻め切れず、得点を挙げることができない。0-0のまま迎えた9回表。サヨナラ負けに屈した第2戦をほうふつとさせる連打から失点し、そのまま試合終了。善波達也監督体制では初の開幕カード2連敗という、非常に厳しい船出となった。(明)●森下暢―西野(法)三浦、○石川―中村浩【安】(明)7(法)7【二】(明)北本(9回)(明)◇犠打0 ◇併殺1 ◇残塁7 ◇盗塁0 ◇失策1 自慢の打線が息を潜めている。昨季は全13試合で73得点、1試合平均では5点を超えるリーグ屈指の打棒を誇った明大。だが今季は3試合を終えここまでわずか5得点。この日も法大のルーキー右腕・三浦銀二を前に勝負どころで1本の出ない拙攻が目立った。「頭を使ってやらないと結果は同じ」(善波監督)。投手陣は最少失点で踏ん張っているだけに、この窮地から優勝戦線へと乗るために打撃陣の復活が求められる。 いきなりの正念場だ。22日からの次カードは昨季王者・慶大との対戦。「8連勝しないと優勝できない」(善波監督)絶体絶命の状況だが、難戦必至だ。「4日間で勝てるチームをつくり直す」(吉田有輝主将・商4=履正社)。栄冠への出だしは険しいものとなったが、望みをつなぐべく、陸の王者へぶつかっていく。                                                                                                    [小野原琢真]試合後のコメント善波監督――試合後、選手たちに伝えたことはありますか。 「過去から振り返って、頭を使ってやらないと結果は同じだよと伝えました」――4日後には慶大戦が始まります。 「8連勝しないと優勝できないと思うので、一戦必勝でやるしかありません」吉田主将――厳しい開幕となりました。 「悔しいです。とにかく悔しいです」――2戦目を終えてチーム内で何を話しましたか。 「向こうはすごい勢いがあるので、今日の試合はその勢いを受け止めて、それを押し返せるようにしようと話していました」――今後への意気込みをお願いします。 「応援してくれる人がいるので、なんとか優勝の可能性を残せるようにやっていきたいです」逢澤崚介外野手(文4=関西)――今日の試合を振り返っていかがですか。 「1点でも取れば流れがこちらに来たと思うので先制点を取れなかったのが今日の敗因だと思います」――個人的な調子はいかがですか。 「ボールは見えているので、狙い球とかを絞っていけたら、次の慶大戦では打てると思います」――慶大戦に向けて意気込みをお願いします。 「ここから勝ち続けるしかないので、勝ちにこだわっていきたいです」
READ MORE

法大の勢いを止められず 初先発竹田が好投もサヨナラ負け/東京六大学秋季リーグ戦

春と同じ光景だ。1点を追う7回、添田真海内野手(法3=作新学院)の内野ゴロの間に同点に追い付く。しかし、7回から好リリーフを見せていた入江大生投手(政経2=作新学院)が9回に無死二、三塁のピンチを招くと無情にも打球は左前へ。痛い1敗を喫し、開幕カードの勝ち点に黄色信号が灯った。 (明)竹田、石毛、●入江―西野(法)高田、◯石川―中村浩【安】(明)8(法)11【二】(法)高田(3回)、福田(4回)、川口凌(9回)(明)◇犠打1 竹田(2回) ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁1 越智(1回)◇失策0投打のバランスが取れなかった。リーグ戦初先発の竹田祐投手(政経1=履正社)は6回途中2失点と毎回走者を背負うも粘投を見せる。一方の打撃陣は打線がつながらず。単調な打撃が目立ち、投手陣を援護できなかった。迎えた最終回。「少し気持ちで負けてしまった」(入江)と法大の勢いが勝り、またしても1点差に泣いた。  明日負ければ15季ぶりに開幕カードを落とす。〝奪冠〟を目指す明大にとって痛いスタートだ。1回戦は同点適時打、当試合は2安打を放った内山竣外野手(商3=静岡)や好投を見せた入江。「4年生が応えないといけない」(吉田有輝主将・商4=履正社)と3年生以下の活躍がラストシーズンとなる最上級生に刺激を与えている。次戦こそは全員野球で勝ち点奪取につなげたい。[小畑知輝] 試合後のコメント 吉田主将 ――今日の試合を振り返っていかがですか。 「昨日の勢いそのままに負けてしまったという感じです。投手陣は頑張って投げてくれたんですけど野手が応えていない状態です」 ――明日に向けて意気込みをお願いします。  「なんとか明日やり返して、明後日につなげられるように頑張ります」 逢澤崚介外野手(文4=関西) ――今日の敗因は何ですか。  「点を取るべきところで取れなかった野手の責任です。打線としてつながりが良くなかったと思います」 ――明日に向けて意気込みをお願いします。  「点を取らないと野球は勝てないと思うので、投手は頑張ってますし4年生を中心に野手陣が何とかしないといけないと思います」竹田――リーグ戦初先発でしたが、緊張はしましたか。 「少し緊張していましたけど、どんどん慣れてしっかり投げれたと思います」――良かった球種はありますか。  「ストレートが走っていましたけど、スライダーの完成度をこのリーグ戦中に上げたいです」
READ MORE

(男子部)神大に快勝 1部復帰の道近づく/関東大学秋季2部リーグ戦

圧巻の勝利だった。2日目の対戦相手の東経大にも危なげなく勝利し流れをつかむ明大。続く第3日目の相手である今春リーグ5位の神大にも見事に3戦連続ストレート勝ちを収めた。◆9・15~23 関東大学秋季2部リーグ戦(日体大米本記念体育館) ▼男子澁谷○2-0中川池田○2-0佐野酒井・仁平澄組○2-0中川・須永組武石・西谷組○2-0城間・横田組大平○2-1須永      力の差を見せつけた。第1シングルスの澁谷勇希主将(政経4=埼玉栄)は「いつも通りのプレーができた」と実力を存分に発揮し、相手を動かすプレーで得点を連取。文句なしの2-0で試合の流れをつかんだ。続く第2シングルスの期待のルーキーである池田佑介(農1=札幌一)も1年生ながらも奮闘し、チームの勝利へと貢献。残りの試合も順調に勝ち進み、満足のいく5-0で神大を制した。  一方で課題も見つかった。第3シングルスに出場した大平洸輝(政経2=埼玉栄)。第2ゲームの序盤こそ相手を圧倒していたが、16-21と1ゲームを献上する。「開き直って1セット目の気持ちで」(大平)。先ほどの流れとは一変して序盤から安定したプレーを披露。2-1で勝利したものの「弱気になるとだめになってしまう」(大平)と自身のプレーを反省した。 目指す先は変わらず1部復活だ。秋リーグも中盤に差し掛かったが、全試合ストレート勝ちを収めている明大。「一つになって勝ちにいきたい」(大平)とさらなる活躍を誓った。 [素宮愛結]  試合後のコメント澁谷――大平さんが1ゲームを落としてしまいました。「初戦に出したんですけど、いまいち自分のプレーができていないというか、不安要素がまだまだあるなっていうのが正直なところです。これから自分たちが抜けたら点を取らないといけない選手だと思うので、もっと安定したプレーができるといいですね」 ――次戦の意気込みをお願いします。 「自分たちの実力は上なので余裕を持って。自分たちの課題を克服するためにも帝京戦に勝っていきたいと思います」 大平 ――個人のプレーの感想をお聞かせください。「出し切れなかったものが多くて。みっともないというか、ダメなプレーをしてしまいました。コンディションは悪くなかったんですけど、内容を振り返ると自分の力を出し切れていなかったと思います」――次戦までにどのような練習をしていきますか。 「内容とかじゃなくて、試合で自分の実力を出し切るところなのかなと思います。大会で自分の実力を出し切れるようになりたいです」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内