チームトップは村尾 学生4位と成長示す/日本選手権男子・女子20km競歩

ドーハで行われる世界選手権の代表選考を兼ねた今大会。明大からは6人が出場し、チームトップの村尾宥稀(文2=札幌東)は学生4位となる14位でゴール。期待された1年の古賀友太(商1=大牟田)は失格に終わり、多く課題を残す大会となった。   ◆2・17 第102回日本選手権 男子・女子20km(六甲アイランド甲南大学周辺コース) ▼男子20km 14位 村尾 1時間23分27秒 28位 永原 1時間26分41秒 37位 大楽 1時間27分50秒 50位 塩入 1時間29分18秒 ※古賀は失格、井上は欠場  及第点の歩きを見せた。今年度トラックとロード両方で自己ベストを更新し続けてきた村尾。「調子はあまりよくない」(村尾)ながら、常に10位付近をキープ。途中、靴ひもがほどけるなどのアクシデントにも見舞われたが、終盤、粘りの歩きを見せ、自己ベストを1分以上更新した。「このまま成長スピードを止めず、飛躍したい」(村尾)。注目株の活躍から目が離せない。 まさかの結果に終わった。全日本インカレで3位に入るなど、1年生ながら今年度の明大競歩を引っ張ってきた古賀は、1月に左膝を痛めるなど故障の影響で練習不足のままレースに臨んだ。序盤こそ先頭集団についていったものの、「後半から歩くだけの感じになってしまった」(古賀)と中盤に大きく失速。最終的には反則を取られ、失格となる悔しい結果となった。 3月には7月に行われるユニバーシアードの出場権を懸けた大会である能美競歩が待っている。狙うは「(ユニバーシアード出場権を獲得できる)学生3番以内と1時間21分台」(村尾)。能美競歩を来年度への足掛かりにするべく、再び歩みを進める。 [川和健太郎] レース後のコメント 村尾 ――今日のレースを振り返っていかがですか。「もったいないミスがありました。例えば、13キロ過ぎに右の靴ひもがほどけてしまったり、給水を取りすぎたことによって10キロ過ぎから5キロぐらいペースを落としてしまったり、ちょっとしたミスで21分台や22分台という目標に届きませんでした。能美が一番大事なのですが、小さなミスをなくして、目標を達成できるようにしたいと思いました」 ――能美競歩に向けて何を鍛えていきますか。「今回のレースをやってて思ったのが、後半スタミナは有り余っているのにその分のスピードを出せないというのをすごく痛感しました。でも体力に関してはかなりついたので、残り1ヶ月はフォームを大事にしつつ、スピードを磨きたいと思いました」 古賀 ――最近の練習状況はいかがですか。「練習再開できたのが1月中旬くらいで、そこからポイント練習とかもできていたのですが、膝を痛めていたので練習メニューを落としていました。やはり故障を抱えながらでは勝負できないので、まずは完治を優先させたいと思います」 ――今後の目標は何でしょうか。「ユニバーシアードの先行が能美になるので、そこで代表に選ばれるように仕上げていきたいと思います」
READ MORE

シンガーソングライター・ましのみさんインタビュー/スポーツ以外でも輝いている大学生特集

    大学生でシンガーソングライターのましのみさんに、インタビューをしました。キーボード弾き語りスタイルで活動中の4年生。今年の3月で大学を卒業する彼女に、大学生活を振り返ってもらいました。記事の最後には、読者限定の『ましのみワンマンライブご招待キャンペーン』もあります。ぜひ、最後までお読みください!――大学生活を振り返ってみていかがですか。「正直に答えると、入学する前の1月から音楽活動を始めていたので、それに必死過ぎてサークルにも入らなかったです。あんまり『大学生活』という生活は送らず、音楽を優先してきてしまいましたね。でも、そうやって過ごしてきた割には、昼休みに友達とキャンパスの最寄り駅の近くでご飯を食べた思い出や相談し合ったこととか、意外と友達との思い出があります。『頑張ってない割には友達いる方じゃん!』と最近思いました。少ないですけど(笑)」――大学で学んだことはありますか。「商学部に在籍しているのですが、『マーケティングが面白いな』と思って選びました。自分で自分をプロデュースしていく中で『為になることもあるかもしれない』と思って講義に出ていました。あと、一般教養の講義が好きでしたね。曲を書くにあたって、教授の話が面白かったです。普通の人が使わない言葉を使って話していたり、変な観点で話していたり。ある文学の授業では、自分の恋愛観に関して語る教授がいて『この授業、最高!』っていう感じで聞いていましたね」――就職しようと思ったことはありますか。「就職に関しては具体的には考えてなかったですが、音楽活動が上手くいかなかったら、するつもりでした。崖から落ちたら、就職の道みたいな。就職にならないように、とにかく音楽でできることをやってきました。就職をしないといけないということがなかったら、危機意識がなかったなと思います」――なぜ、大学に進学したのですか。「元々二つ夢がありました。一つ目が勉強を頑張って良い大学を出て、就職してバリバリ働いてお金を稼ぐ女性になりたい、という夢でした。二つ目の夢が歌手で、小さい頃から持っていました。でも、歌手になるという夢に関しては、無理だとずっとあきらめていました。そんな時に、進んだ高校の校風がとても自由だったので、人前で歌ったりしていました。それで3年生になって『この先の進路はどうしようか』と考えていたら、歌いたいなという思いが出てきてしまって、それで逃げられなくなってしまいましたね。でも、その時は3年生の5月で、予備校にも通っていて親にお金も出してもらっていたので、『やっぱり大学に進学しない』という選択肢はなかったです」――大学時代で印象に残っていることは何ですか。「お昼ご飯を友達と食べていたことですね。キャンパスの中に競技場があって、そこの近くにベンチがありました。暇な時は、そこでぼーっとしていました。そこで音楽やラジオを聞いたり、友達と話したりしていました。大学にいる時の記憶の半分以上がそこです。友達と『今どこ?じゃあ、競技場ね』と集まっていました。楽しかったですね」――大学生活が音楽活動に生きたりしたことはありますか。「それは生きましたね。『リスクマネジメント失敗』という曲があるのですけど、商学部だったから『リスクマネジメント』という言葉を使ったと思います。あとは、単純に完全に同世代の子があんなに集まる場所ってそんなにないと思います。いろんな人がいますし、それがもう宝庫といいますか、めちゃくちゃ歌手生活に生きますね」――シンガーソングライターとして意識していることはありますか。「自分が世に出ていろんな人に聞いてもらうからには、私にしかできないことをやらないといけないと思います。私にしかできないことの一番手前にあることが私にしか書けない曲、歌詞だと思っています。言葉遣いでもそうです。『私だったらこの言葉を使いたい』とかを意識して書くようにはしています」――大学生にメッセージをお願いします。「めちゃくちゃ自分次第だと思います。未来の自分のためになることをしつつ、今を楽しめる期間になると思います。未来のために時間を使うか、ただ今を楽しむために時間を使うか、そういうことも考えつつ大事にした方がいい4年間なのだろうなと思いましたね。大学生って超楽しいですよね。最高な時間だって意識して過ごした方がいいと思います」――ありがとうございました。[古賀章太郎]  ◆ましのみ 1997年2月12日生まれ。2015年1月に初ライブを行い、2016年3月にヤマハグループが開催する日本最大規模の音楽コンテスト「Music Revolution第10回 東日本ファイナル」で約3000組の中からグランプリを獲得。2018年2月にはメジャーデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』をリリースした。現在、都内で精力的にライブ活動中。LINE LIVEや短い動画(ラップ<通称:ましらっぷ>や小芝居)の活動なども行っている。●ましのみワンマンライブご招待キャンペーン!「明大スポーツ新聞」「慶應塾生新聞」のインタビュー記事をご覧頂いた方限定で、抽選で合わせて5組10名の方に3月21日 に渋谷で行われるましのみのワンマンライブにご招待致します! 下記のフォームから奮ってご応募ください!「ぺっとぼとリテラシー vol.3 ~レセプションパーティーin TOKYOでひとつになりまショータイム~」【日程】2019年3月21日(木・祝)【会場】東京・渋谷ストリームホール【開場/開演】 17:00/18:00※応募期間は2月28日23:59まで※抽選結果は当選の方にのみご応募時のメールアドレスへ送らせて頂きます。▼応募フォームはこちらから!●リリース情報2019年2月20日 リリース!! ましのみ2ndアルバム「ぺっとぼとレセプション」奇才溢れるひねくれPOP。SSW 系エンターテイナー第二幕!!【初回限定盤】CD+DVD PCCA-04748 ¥3,500 (tax incl.)【通 常 盤】CD ONLY PCCA-04749 ¥3,000 (tax incl.)【収録予定楽曲】「どうせ夏ならバテてみない?」「コピペライター」「タイムリー」「ターニングポイント」「美化されちゃって大変です」「’ s」「Q.E.D.」「フリーズドライplease」「錯覚」「ゼログラビティのキス」「夢ノート」「凸凹」「AKA=CHAN」全13 曲入り発売元:ポニーキャニオン
READ MORE

ルーキー特集(2)新たな環境でさらなる高みを目指す 井上千尋

インカレ団体3位で表彰台を勝ち取った女子。その女子に今年度の新たに加入した井上千尋(商1=椙山女学園)。インカレでは惜しくもインカレFS進出はかなわなかったものの、来年度はさらなる期待がかかる。そんな井上に迫ったインタビューをお送りする。 (この取材は9月24日に行われたものです) ※掲載が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。  ――フィギュアスケートを始めたきっかけは何でしょうか。 「テレビでフィギュアスケートを見ていて、私もこれをやりたいと言って、友達に連れて行ってもらったのがきっかけです」――何歳から競技を始めましたか。 「初めて滑りに行ったのは年長の時で、そこから教室に通ったりしていました」――明治大学へ入学した理由を教えてください。 「明大にはたくさん上手な先輩がいて、私もそこで頑張りたいと思ったので入りました」 ――大学の勉強との両立はできていますか。 「大変なのですが練習がない時に授業に来て、頑張るようにしています」 ――東京に来ることに対して迷いや不安はありませんでしたか。 「スケートの先生が変わらないといけなく、一人暮らしもしないといけなく、自分でやらないといけないことが多いのでどうなるかと思っていました」 ――今までで一番印象に残っている試合はありますか。 「高校1年生の夏に腰を疲労骨折していて、試合に出るか出ないかで迷っていたのですが、頑張って出てその前まで一生懸命練習してきたのでなんとかなり、それが思い出に残っています」 ――今までで悔しかった試合はありますか。 「昨年度のインターハイの決勝であまり良い演技ができなくて、それは悔しかったです」――明大の選手との仲はどうですか。   「みんな仲が良くて、先輩もすごく優しくしてくださって、いい環境に恵まれています」  ――コーチが変わり、練習拠点が変わって苦労したことはありましたか。 「結構大変だろうと思ったのですが、今の環境も楽しです。新しい先生も本当に尊敬でき、毎日勉強することばかりで楽しい方が強いです」 ――憧れの選手や尊敬する選手はいますか。 「やはり浅田真央さんに憧れています。ジャンプも跳べて、スケーティングの基礎や魅せるのがとても上手なので、そのような選手になれたらいいと思っています」 ――得意な技はありますか。 「小さい頃からスピンが好きで、ずっとぐるぐるぐるぐる回って遊んでいたので、スピンは得意です」 ――今重点的に取り組んでいることは何でしょうか。「今はプログラムの完成度を上げることを意識していて、1回の曲かけで集中してやること、ミスしないことを心がけています」 ――今までやってきた中で一番好きなプログラムはありますか。 「中学生の時にブラックスワンを使っていて、その時に表現力とかを初めて考えるようになって、そこから表現についてもっとうまくなりたいと思うようになってきたので、そのプログラムはお気に入りです」 ――高校まででスケートをやってきたのと、大学で変わったことはありますか。 「今までの試合とかはすごく緊張してうまくいかないことがあったのですが、大学生になって自分でしっかり頑張ろうという意思が強くなったので、充実してできていると思います」 ――これからの目標をお聞かせください。 「全日本とインカレに出場して、明治大学に貢献することです」――ありがとうございました。 ◆井上千尋 いのうえちひろ 椙山女学園高出 153cm[中澤美月]
READ MORE

ルーキー特集(1)高さのあるジャンプで狙うは世界大会 山藤一悟

インカレ男子団体優勝を成し遂げたフィギュア部門。そのフィギュア部門に今年度の新たに加入した山藤一悟(政経1=石見智翠館)。今年度惜しくも全日本選手権、インカレ出場権はかなわなかったものの、4年生3人が抜ける来年度にかかるは大きい。そんな山藤に迫ったインタビューをお送りする。 (この取材は9月24日に行われたものです) ※掲載が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。 ――大学生活はいかがですか。「授業やスポーツの両立が大変です。一人暮らしなので料理や洗濯、掃除もありますし、高校とは違って授業の内容も難しくなっているので、毎日が高校よりも忙しいです。部活面では、先輩が高校とは違ってとても上手でレベルが高いのでついてくのに必死です」――スケート始めたきっかけは何でしょうか。「3歳の時に友達と遊びに行って楽しくて、その流れでやってきたという感じです。母が好きで、母の友達同士で行きました。母はジャッジをやっていたりもします」――明大に進学した理由は何でしょうか。「明大は学業の面でもしっかり学ばないといけないということもあったり、スケートも高校の時よりもレベルが上がって大変ですけれど、それについていったら今の先輩みたいにすごい結果が出せたりするのではないかと思いました」――ご自身のスケートの強み、持ち味はどこにあると思いますか。「ジャンプの高さとか軸の細さです」 ――ジャンプについて取り組んでいることは何ですか。「軸の安定のために体幹トレーニングはやっています。アクセルは苦手なのですが、4回転の練習の方が上手くいっていて、4回転をコンスタントに試合に入れていけたら良いと思います。」――大学に来てから新しい取り組みはありますか。「高校時代に一番気になっていたのがスケーティングだったので、こっちに来て流れるようなスケーティングを目指しています」 ――印象に残っている試合はありますか。「高校最後のインターハイです。高校の代表として最後くらいはしっかりと結果を残して、しっかりと演技したいという気持ちがありました。今まで3年間高校に入れて下さったので、最後はその気持ちを伝えたいと思ったのがその試合です」 ――今のコーチはどのような方ですか。 「東京に来てから、半年くらい前からついて下さっている方で、樋口新葉(開智日本橋学園)選手の先生ということもあって、自分の成長にもつながるのではないかと思って紹介して頂きました。他の人よりも教え方が丁寧だと感じます。そのおかげで跳べるのかなと思います」 ――目標はありますか。 「(4年間を通しての目標は)インカレでの総合優勝と個人優勝というのもありますけれど、世界大会に出場してみたいです。(将来の目標は)大学を辞めてもスケートが好きだなと思っていたら、インストラクターなどです」――先輩や同期との仲はどうですか。「同期は1人だけなので仲良いですけれど、明大の体育会は無駄な上下関係のない良い関係を先輩と保てるので、先輩方とは仲良くさせてもらっています。海などによく行きます。夏は江ノ島に行きました。楽しかったです」――仲間から学ぶことは多いですか。「4年生の佐上凌(主将・商4=武蔵野)君とかは努力家で、ジャンプも他の人より練習して完成度の高いパーフェクトな演技ができる選手なので、主将のそういった姿勢を目指してやりたいです。梶田健登(政経4=明大中野)君はスケーティングがすごく速いです。その中でジャンプをはめていけるという強みがあるのでそこを見習いたいです。鎌田英嗣(営4=獨協)君は、すごく豊かな表現ができていて、見ていてもすごく綺麗で感動する演技ができる。その上ジャンプもはめていけるのがすごいところです。井上(千尋・商1=椙山女学園)さんも努力家なので、授業もちゃんと出ているし、自分よりもしっかり考えているなと思います。同期として尊敬できます」 ――先輩に負けたくない思いはありますか。「そうですね。尊敬しているからこそ超えたい思いはあります」――ありがとうございました。◆山藤一悟 さんとういちご 岩見智翠館出 173cm  [中野拓土]
READ MORE

男子総合優勝達成! 新体制で好スタートを切る/東京六大学冬季対抗戦

 新体制、最初の一歩となった。東京六大学における、新チームでの初の大会。明大は2位の早大と30点差以上をつけ、男子総合優勝を果たした。◆1・20 第26回東京六大学冬季対抗戦(横浜サブプール)▼男子 明大――1位  女子 明大――5位 不安は払拭された。活躍を見せたのがチームの先頭に立つ3年生。新主将の重見和秀(政経3=明大中野)を初めとする3年生の多くが自己ベストを記録。明大の点数獲得に大きく貢献した。松元克央(政経4=千葉商科大付)ら主力であった4年生が抜けるも、未だ学生王者としての実力は健在だ。 また、今大会7種目に出場した吉田冬優(政経3=淑徳巣鴨)など計8名が、4月に開催される日本選手権の切符を手にするなど、順調な滑り出し。「(チームとしても)盛り上がることができたので、良い試合になった」(重見)。 目標は対抗戦完全制覇。残る春季六大学対抗戦、法明立定期戦の優勝。そして、インカレ5連覇。決して簡単な目標ではないが、チーム全員で明大の新たな歴史を築いていく。 [岩田純]レース後のコメント重見――主将として意識していることはなんですか。 「視野を広くしてチーム全体を見るようにしています。誰かが困っていたら助けるとか。不慣れですけど意識してやっています」吉田――今大会の手ごたえはいかがですか。 「今大会は7レースをやり切ることを目標にしていました。最後1500メートルで失速してしまいましたが、タフなレースというのを耐えることができました」――日本選手権に向けてはどうですか。 「この結果で僕の人生も大きく変わってくると思うので、何秒出すとかではなく、一本一本集中して、その結果、タイムが出たというイメージで泳ぎたいと思います」佐野秀匡監督――これからについて一言お願いします。 「対抗戦全て優勝して、最後のインカレで5連覇というのがチームの最大目標だと思うので、無理かもしれないけど可能性が1%でもあれば一人一人が努力してやっていけと言っているので、春の六大学で優勝して夏のシーズンで頑張ってほしいです」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内