女子完全優勝で2年ぶりインカレ制覇! 男子は収穫多き4位/全日本学生選手権

 2年ぶりに全国の頂点に立った。年間で最も大きい大会である全日本学生選手権。女子はAR(エアライフル)とSBR(スモールボアライフル)両種目の団体優勝を果たし、総合優勝を決めた。男子は4位に終わった。 ◆10・18~21 全日本学生選手権(長瀞総合射撃場)▼男子総合 明大――4位▼女子総合 明大――1位[男子] 表彰台には一歩届かなかった。石田裕一主将(法4=金沢辰巳丘)を中心に優勝を狙ったが、惜しくも4位にとどまった。それでも明るい材料は多い。2年生の浅井優汰(法2=竜ヶ崎第一)は王者・日大の選手と互角に渡り合い、SBR三姿勢で7位入賞を果たした。他にも多くの選手が経験を積み「来年を任せられる選手が出てきた」と石田。悲願の男女アベック優勝の夢は後輩たちに引き継がれた。[女子] 全員で栄冠をつかんだ。レギュラーのほとんどが下級生で臨んだ今大会。2種目で団体戦に出場した髙橋佳伶(国際2=山形県立南陽)を含め、多くの選手が上位8人のみ進むファイナルに残る活躍を見せた。唯一の4年生である劉炫慈(商4=日大櫻丘)もSBRでチーム最高得点を記録。レギュラー外の選手も積極的にサポートに回った。「実力を出し切ってくれた」(佐橋朋木監督)。1年間の締めくくりを最高の形で飾った。[楠大輝]試合後のコメント佐橋監督――今日の試合を振り返っていかがでしたか。  「女子は全員が自分の実力を出せば優勝できると思っていました。男子は最初から苦しい戦いだと思っていたのですが、チームづくりが途上だったのかなと。来年を見越してチームをつくっていきたいと思っています」小林尚朗部長――1年間振り返っていかがでしたか。 「前期から厳しい試合が多くて、競技だけでなくその他の所でも難しい所が続いていたのですが、最後の全日本に向けて上がり調子でやってこられたので、とても良かったと思います」石田――今日の試合を振り返っていかがでしたか。 「自分個人の結果は本当に悔しい結果になってしまったのですが、チームとしてはいい試合になったのではと思います。特に女子が完全優勝してくれたのが良かったです。後悔はしていないです」劉――今大会振り返っていかがでしょうか。 「4年間で一番プレッシャーを感じた試合でしたけど、一番有終の美というか集大成を飾れた試合じゃないかなと思います。来年もぜひ連覇して欲しいですし(3年後の)100周年は男女アベック優勝をしてほしいです」 
READ MORE

実力者ぞろいの日体大を追い詰めるが代表戦で惜敗/全日本学生体重別団体優勝大会

 学生団体戦の最終戦はベスト8で幕を閉じた。準々決勝まで駒を進め、日体大と対戦。3-3で90キロ級の代表戦までもつれ込んだが、最後は技ありを献上し惜敗した。    ◆10・20~21 第20回全日本学生体重別団体優勝大会(ベイコム総合体育館)▼明大――ベスト8 有終の美を飾ることはできなかった。日体大と対戦した準々決勝。今大会は「重量級で取って軽量級で勝負」(川田修平・政経4=愛知県私立大成)というプランで挑んだ。大将戦を終え、3-3の五分。大会規定により、本戦で引き分けだった90キロ級のゴールデンスコア形式で代表戦が行われた。本戦同様、神鳥剛(政経3=愛知県私立大成)は長井晃志(日体大)に組み手で苦戦。なかなか技が繰り出せないでいると、開始2分12秒。技を掛けた一瞬を狙われ長井に小内刈りの技ありを献上。あと1勝、2年連続でベスト8の壁を打ち破れなかった。 今大会で学生大会の全日程が終了した。4年間明大をけん引した小川雄勢主将(政経4=修徳)は「地力の差が出たので、来年は自分に厳しくやってほしい」と優勝を下級生に託した。また、来年度に向け明るい兆しも見えている。山本康生(商3=崇徳)は世界選手権81キロ級銀メダリストの藤原崇太郎(日体大)に一本勝ちの大金星。「(一つ前の)川田さんが取ってくれて自分もと思った」(山本)と4年生の執念は下級生に伝わっている。来年こそ悲願の日本一を達成してみせる。[髙橋昇吾]試合後のコメント猿渡監督――神鳥選手が組み手争いで苦戦しました。 「長井も学生個人戦でベスト4には必ず入る選手で、神鳥とも何度か試合をして研究をしていたと思うし、やりづらいのはお互いさまだったと思います。その中で1年のブランクがあったという部分で、長井の方が強くなったという状況がありました」小川――キャプテンから見たチームというのはいかがでしたか。 「流れも悪くはなかったけど、最後の代表戦という場面で地力の差が出たと思うから、来年3年生以下で自分に厳しくもっとやってほしいなと思います」川田――学生大会最後でした。 「しっかり重量級とって軽量級で勝負をっていう、最後まで明治らしかったのでよかったです」田中源大(政経4=高川学園)――小川、川田、田中選手の3人で引っ張ってこられました。 「一人一人口で言うより行動で引っ張るようなタイプだったと思うので、3人とも。みんな後輩も結構まとまって着いてきてくれてたのかなと思ってます」山本――藤原選手に勝利しました。 「自分の前で試合をしていた川田選手が取ってくれて、自分もやるんだってそこで気持ちが切り替わって。あの場面で取って後ろの神鳥や雄勢先輩、萩尾に繋げられたのは良かったと思います」
READ MORE

無敗の男が不覚 松本崇まさかの準決勝敗退/全日本学生個人選手権

 学生日本一の名を懸けて争われる今大会。明大からは男女合わせて17人がエントリーしたが、ベスト8に入った選手は2人のみ。全国の猛者たちに苦戦を強いられることとなった。  ◆10・21 全日本学生個人選手権(露橋スポーツセンター) ▼男子の部 松本崇――3位小森――ベスト8木村、古屋敷、佐藤、深町――4回戦敗退  川崎、林、小和野、大谷――3回戦敗退太田――2回戦敗退 中西、佐々木、田畑――1回戦敗退▼女子の部小野塚――2回戦敗退小宮山――1回戦敗退前田――棄権  連戦連勝の男についに黒星だ。松本崇雅主将(文4=初芝立命館)が準決勝で対決したのは大阪商大の前田稔輝。一昨年、同大会を制した全国でも指折りの手練れだ。試合は互いの手の内の探り合いから始まる。慎重に攻め手を見極める松本崇が選択したのは〝組み〟だった。前田の片足を持ち上げ倒し、見事な一本を決めた。その後、一本を取られ勝負は1―1で判定へ。試合終了まで攻め続けたが、判定は0-3で前田。この瞬間松本崇の敗北が決まった。一方で「負けてしまったが楽しかった。後悔はない」と清々しい表情の松本崇。とにかく前向きな思考がこの男の強さを生み出している。  順調な仕上がりを見せる。ベスト8に入った小森彪楽(文2=桜丘)は勝った試合全てで2本を取り切る絶好調の活躍。強敵続きの中で、一本を取り続ける攻撃力が光った。「(7月の)全国選抜よりも良い動きができていた」と大舞台に向けて弾みをつけた。「このチームはあと2,3倍強くなれる」と気を引き締める松本崇主将。勝負の府立(団体インカレ)まであと1か月。さらに鍛え抜かれた明大男子が大阪で大暴れしてくれそうだ。  [山根太輝] 試合後のコメント 松本崇――敗因はどういったところでしょうか。 「相手より技術的に劣っているところだと思います。相手(前田)は僕が高校の時からスター選手でしたし、ずっとこの代を引っ張ってきた存在です。そういう積み重ねてきたものの大きさかなと思います」――府立に向けてお願いします。 「7連覇するつもりです。そう簡単にはいかないと思いますが、圧倒的な力を蓄えて大阪で大暴れしたいです。決勝は7―0という目標を立てているのでそこに向かって練習していきます」  小森 ――ベスト8という結果についていかがでしょうか。 「この学年でベスト8という結果は嬉しいですけど、やっぱり優勝を目指していたので最後負けてしまったのは悔しいです」 ――今後、チームではどういった存在になっていきたいですか。  「頼られるということは嬉しいことですし、頼られたいという気持ちも自分にはあるので。これから練習を重ねて、この人なら負けないと思われるような頼れる存在になりたいですね」 
READ MORE

4年・森下智〝サヨナラ〟打! 今季最終戦を勝利で飾る/東京六大学秋季リーグ戦

 2戦連続で延長戦となった紫合戦。10回裏、吉田有輝主将(商4=履正社)が二塁打と相手守備のスキをつく走塁で一死3塁の好機を演出すると、森下智之内野手(文4=米子東)の犠飛で今季初のサヨナラ勝利。勝ち点は2となり、4位が確定した。(明)竹田、石毛、中村、髙橋聖、○中山―西野(立)田中誠、比屋根、●手塚―藤野【安】(明)8(立)10【二】(明)内山(1回)、吉田(10回)(立)飯迫(1回)(明)◇犠打3 吉田(6回)、高瀬(9回)、森下智(10回) ◇併殺1 ◇残塁10 ◇盗塁1 内山(7回) ◇失策0 最後の最後で〝粘りの明治〟を体現してみせた。接戦になると終盤で失点し、反撃もなく敗北を喫することの多かった今季。だが「最後だから悔いを残さぬように」(吉田主将)と戦うこの日のナインは一味違った。まず流れを引き寄せたのが、10回表に登板した中山晶量投手(営2=鳴門)だ。リーグ戦初登板にも「ワクワクしていた」という強心臓で、一死2、3塁の窮地を切り抜ける。そして10回裏。今季、絶不調に苦しんだ森下智は「主将を帰して終わりたかった」。誰よりもバットを振り続けてきた苦労人の思いを乗せた打球は、飛距離十分なサヨナラ犠飛となった。「明治らしい野球をできたのが、一番うれしい」(吉田主将)。全員で紫紺の意地を見せ、今秋リーグ戦は幕を閉じた。 強い明大をもう一度。4年生が抜けることで、ラインナップの刷新が予想される新チーム。新主将は未定だが、エース・森下暢仁投手(政経3=大分商)や今季ブレイクした内山竣外野手(商3=静岡)ら3年生が中心となっていくことは間違いない。「優勝して4年生に恩返しがしたい」(内山)。逆襲の春へ。選手たちが一冬で大きく成長し、再び神宮の地へと帰ってきてくれることを期待したい。[小野原琢真]試合後のコメント善波達也監督――試合後、4年生にお掛けになった言葉はありますか。 「今までより社会に出た後の方がうまくいかないことが多いのだから、きちんとした行動ができるような考え方をしていきな、と伝えました」吉田主将――試合前、チームに掛けた言葉はありますか。 「最後なので悔いを残さず、頑張ろうと言いました」――その中で、劇的勝利で最後を締めくくることができました。 「もちろん勝てたことはうれしいのですが、明治らしい野球をできたことが1番うれしいです」――後輩の皆さんに向けて一言お願いします。 「優勝という形で監督にいい思いをさせてほしいです」森下智――同期の皆さんはどういった存在でしたか。 「これからもずっと付き合っていきたい本当に良い同期でした」――明大ファンの皆さんへ一言お願いします。 「序盤で優勝の可能性が無くなってしまったにもかかわらず、大勢の方々が応援してくれて、本当に明治でよかったなと思います。これからも明治の応援をしてほしいです」中山――リーグ戦初登板を終えていかがでしたか。 「すごい場面だったのですが、ワクワクしてマウンドに立てました。ブルペンでもいつも通りだったので何も気負うことは無かったです」
READ MORE

劇的逆転 1点差の接戦制す/関東大学1部リーグ戦

 ホームで逆転劇を披露した。序盤から白鴎大からリード奪い逃げ切る展開が続くも、第4クオーター(Q)で逆転 を許してしまう。中大戦で残り30秒で逆転の決定打を放った渡辺翔太(政経2=宇都宮工)が残り20秒、再び試合をひっくり返す1本を決め、6勝目を手に入れた。 ▼8・25~11・11 第94回関東大学1部リーグ戦(駒沢屋内球技場他)◆10・21 対白鷗大2回戦(明大和泉キャンパス体育館)○明大72{16-14、26-16、21-22、9-19}71白鴎大   スターターは、PG渡辺、SG綱井勇介(文4=大阪学院)、SF須藤昂矢(営3=桐光学園)、PF森山修斗(政経4=瀬田工)、C今川友哲(営4=大阪桐蔭)。   1点差で勝利をつかんだ。最終Q残り1分で4点を追いかける展開。「最近のシュートの確率が良かったので自信を持って打てた」とエース・須藤のワンフェイクからの3Pシュートで1点差に詰め寄る。ここで白鴎大がタイムアウトを使い残り40秒、白鴎大ボールで試合再開する。「いいようにミスしてくれた」と相手が落としたシュートを渡辺が拾いそのまま相手ゴールに突進。ディフェンスと接触しながらもシュートを決め逆転に成功する。残り18秒白鴎大の反撃に迫られゴール下まで持ち込まれたが、PF植松義也(営2=桐光学園)が弾き飛ばし試合終了。手に汗握る接戦をモノにし1周目敗れた相手にリベンジを果たした。 今大会、留学生を擁するチームに勝利をしたのは初となる。リーグ序盤から課題だったリバウンドは特に苦しめられていたが「留学生をしっかり抑えて、他の人がリバウンドに絡めた」(渡辺)。高さで劣る明大はチームの力でカバーする。次戦は現在11位の神大との対戦。「前戦ではリバウンド取れて勝てたので、そこが重要になる」(植松)。リング下の攻防を制し再び連勝を手にしたい。 [田北俊介]    試合後のコメント 須藤 ――3Pシュートが7本中5本決まりました。  「ここ何試合かスリーの確率が高かったので、積極的に狙えました。絶対に外せない場面で決められたのは自信になると思います」 ――マンツーマンディフェンスが効果的に機能していました。  「留学生にボールが入った時のディフェンスをしっかり確認できていたおかげだと思います」  植松  ――留学生相手にどのようなことを意識していましたか。 「最初のポジショニングで中に入れさせないように意識しました」 渡辺  ――どのような試合展開を意識していましたか。  「しっかり速い展開で攻撃して、シューターにつなげられるよう意識しました」 ――最後のシュートを決めた時の心境を教えてください  「速い攻撃でファウルをもらおうと思ったのですが入ってよかったです」
READ MORE

最新記事 RECENT ENTRIES

特集記事 SPECIAL

定期購読のご案内